フォト
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月25日 (日)

暑い

B0062214_2071212  暑い日々が続いている。

 日本全国で猛暑による熱中症で多くの人が亡くなっている。

 屋内での発病が多いのにも驚きだ。

 異常な天候だ。

 運動の必要から散歩にでる必要があるのだが、この暑さに躊躇していた。

 しかし、今日は、午前中少し雲があり、風もあり、思い切って散歩に出ることにした。

 歩き始めは、清々しく順調だった。

 ところが、途中から直射日光sunが強くなり、風もなくなり、汗もかき喉も渇いてきた。ι(´Д`υ)アセアセ

 予定を切り上げ、帰宅への道。

 猛暑を甘く見ていた。

 少し頭が痛い。

 散歩に出たことを反省している。

 

2010年7月19日 (月)

連休

 Imga6f95a15zikbzj

  連休も今日で終わりです。

 ほとんど自宅で「引きこもり」状態で過ごしました。

 ゆっくり休むことができましたが、明日からの出勤が辛いです。

 自宅では、ほとんどテレビ観て過ごしました。

 各地でのゲリラ豪雨ニュースがトップで報道されていました。

 特に岐阜県可児市での河川氾濫は、ひどいものでした。多くの車を一気に流し、人命を奪いました。

 地球温暖化の中での異常気象。自然の力の大きさをあらためて感じさせらてたゲリラ豪雨。

 人間に対する自然の怒りのあらわれにも感じます。

 

2010年7月 7日 (水)

マニフェスト・選挙公報

2010_070720100002s  何とかマニフェスト・選挙公報を集めて簡単に目を通してみた。

 目を通してみての感想は、「解り難い」ということだった。各政党が「国民に読んで欲しい」との気持で作成したのか疑問に感じた。 

 最大の争点であるはずの「消費税」について書き込まれている部分を探すのにも苦労した。

 消費税について比較的解りやすく、大きな項目していたのは、2つの政党だけ、他の政党は文章を読まなければ解らない編集になっていた。 

 他政党との政策を比較したマニフェストもあり、「解りやすさ」に工夫をこらした政党もあったが、そうした姿勢で作成している政党は極めて少ない。

 こんな状態では、各政党の政策を比較することは無理である。

 政策論争以前の問題だ。

 政党は、もっと政策を解りやすく説明する努力をすべきだ。

2010年7月 4日 (日)

民主党 消費税 マニフェスト・選挙公報

201001  官首相の消費税発言から一気に主要な争点になってきた。

 しかし、不思議な事に民主党のマニフェストにはたった一行

 「消費税を含む税制の抜本的改革に関する協議を超党派で開始します。」

 だけ記載されている。

 消費税を上げることを明記はしていない。その税率も明記されていない。

 選挙公報でも、「元気な日本を復活させる」等との抽象的なスローガンが述べられているだけで、。「消費税」については、全く記載がない。

 テレビ討論や街頭演説の発言と比較すると、強い違和感をもつ。また、民主党内でも公然と「消費税反対」を述べる候補者もいる。

 こうした違和感は、官首相が先行して意図的に発言している為だろうか?その意図は何か?「苦しまぎれの争点隠し」との指摘もある。

 一つは、消費税を争点にして、共産、社民との「普天間移設問題」の争点を隠してしまおうとしているとの指摘がある。

 二つは、自民党に対しては、「消費税」そのものの争点を隠してしまうとの指摘がある。自民党は、自らがマニフェストに消費税10%増税を明記しているため戸惑いを隠せない。

 しかし、こうした意図は思い通りには、進んでいない。所得の少ない国民に対する重税感が指摘されると、再び苦しまぎに「300万、400万所得者の税は全て還付する」と言い始めた。

 低所得者のとらえ方の感覚はずれているし、実際事務処理の煩雑さから無理なことであり、現実からかけ離れている。

 こんな姑息な方法で選挙にのぞむ様では、民主党は期待できない。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31