フォト
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月23日 (水)

来年度予算

Gijidou01  来年度予算の大枠が決まり本格的な予算編成が始まりました。収支は大幅な借金による編成となる事が解っています。

 既に今年度は税収が当初見込みより9兆円少ない37兆円にとどまり、新規国債発行(新たな借金)は53兆円超に膨らむ見込みです。

 税収より借金が多いという終戦直後以来の異常事態です。

 来年度予算は、今年度以上に不況で法人税収などが激減するなか、大幅な国債発行は避けては通りません。

 政府は、「国債発行は44兆円まで」としていますが、その見通しは、厳しいものになりそうです。

 鳩山政権は来年度予算の概算要求額を事業仕分けで圧縮しましたが、全体の削減額は6800億円にとどまりました。

 政権公約では、「無駄の削減」で数兆円もの財源を生み出せるとしていましたが、現実はそれほど甘くありませんでした。

 目玉政策である子ども手当を恒久的な制度とするには、2011年度以降、毎年5兆円の支出を支える恒久財源が必要です。しかし、その財源は確保できていません。

 鳩山政権は、今後「無駄の削減」でどれだけ削減額を増やせるのか?

 現在予定している暫定税率の維持、タバコ税値上げ、税控除の変更等で財源が確保できるのか?

2009年12月16日 (水)

銀行印紛失

43624  銀行印を紛失してしまいました。

 鞄から出して机の引き出しに置いた記憶はあるのですが、その机を何度探しても発見出来ません。

 更に捜索場所を広げ、机の下を丁寧に探しました。やはり、発見できません。

 更に捜索場所を広げ、玄関と靴箱のした靴の中も探しました。やはり、発見できません。

 更に捜査場所を広げ、自家用車2台の中も探しました。やはり、発見できません。

 もう、探す場所も思い当たりません。

 諦めて金融機関へ紛失を届けることにし、捜査を中止しました。しかし、複数の金融機関に同じ印鑑で届けてあり、その煩雑さに憂鬱な気分です。

 諦められない気持で、他の用事で机に行っても、つい机の引き出しを調べてしまいます。そんな事が何度か続き、益々気分は落ち込んでいきます。

 ところが、信じられないことが起きました。

 印鑑が発見できたのです。

 何度も見たつもりだったのですが、机引き出しの奥にあったので視線から外れ発見できなかったのです。「あるはずがない」と思いながらも視線を変えてみたことが発見につながったのです。

 あきらめない」事の大切さを強く感じた紛失事件でした。

 

2009年12月10日 (木)

普天間基地と日米関係

8f7cd1c6fe7  米政府が求めている辺野古への移設を受け入れるのか。自民党政権時代の合意であるこの案を見直すのか。鳩山内閣に判断が迫られている。

 政権が変わったのだからこれまでの合意を再検討するのが当然だと思う。政権が交代した時にそうした見直しを米国に求めるのは、欧州の同盟国でもあることだ。

 市街地のど真ん中にある普天間基地は、騒音の問題も深刻であり、事故が起きてしまったら人命を損なう恐れが強い基地だ。早急な移転が必要である。

 現状の普天間基地の危険、移転の必要性は、両政府で一致している。しかし、県内(辺野古)への移転では、沖縄県の負担、危険な状況は変わらない。

 さらに、辺野古は、貴重なサンゴがありジュゴンの生息地でもある。基地の移転は、取り替えしのつかない自然破壊となる。再検討は不可欠である。

 世論調査でも、日米合意を見直して再交渉すべきだという人が半数を超えた。

 ところが、アメリカの元高官は「日本人が夜眠れるのは、自衛隊と米軍があるからだ。」と発言。見直しに反対し、前政権の合意の実行を強く主張している。米国政府の主張や態度も同じである。
 対等平等な政府関係とは、思えない言動だ。こうしたアメリカの態度は、これまでの自公政府の対米従属的な関係を引き続ぐ姿勢である。

 民主党は、マニュヘストで「対等平等な日米関係」と述べており、この方針をより明確にし、不当な米国の要求に屈すべきではない。

2009年12月 2日 (水)

2次補正予算

Shomen  デフレ、円高、経済状況は、何一つ良いことがなく、不景気と雇用不安は、深刻なりつつある。

  政府は、2次補正の経済対策として「景気がさらに悪化することを防ぐため、中小企業の資金繰り支援や雇用、環境対策に加えて、自治体に配る地方交付税を維持する財政措置。また、太陽光発電設備や断熱効果の高い二重窓などを導入した省エネ住宅に補助する『住宅版エコポイント』も盛り込む方針。省エネ家電を購入した際に付与されるエコポイント制度を延長するための予算も措置する」との報道がされています。

 この予算で我が家の家計は豊かになるのでしょうか?

 この予算の中で我が家に関係があるとすれば、「住宅版エコポイント」「省エネ家電を購入した際に付与されるエコポイント制度」の二つです。しかし、住宅を省エネすることも、家電を購入する余裕もありません。

 今回の補正予算は、経営者や富裕層の経済活動、消費活動を活発化させるだけであり、貧困層を豊かにし、消費拡大をはかる内容は見えてきません。

●追記
 補正予算の内容が「保育待機児童をの解消のための増築等」も含まれることが報道されていました。
 これらの補正予算は、働く母親の保育を援助するすることになり、ひとつ一つの家庭の豊かさに繋がっていくものになると思います

 

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31