フォト
無料ブログはココログ

« 疲れました | トップページ | 所信表明演説 »

2009年10月25日 (日)

郵政社長人事

Sa5t64s_2  「亀井静香金融・郵政担当相は21日、記者会見し、...日本郵政の西川善文社長(71)の後任に、元大蔵事務次官の斎藤次郎・東京金融取引所社長(73)を起用すると発表した。...」との報道がありました

 「脱官僚依存、天下りの根絶」との民主党の方針とは、矛盾すると思います。

 「大蔵省を辞めて15年はたつから、もう元官僚とは言えない」と言う声には、説得力はありません。

 「100年に一人」と言われた大物官僚であり、官僚の中の官僚です。

 これこそ官僚依存であり、天下り、ワタリの典型です。

 他の政策のブレや閣内不一致は、真摯に模索している姿だと理解しますが、この人事だけは納得出来ません。

« 疲れました | トップページ | 所信表明演説 »

コメント

>大蔵省を辞めて15年はたつから・・・
この言い訳には、私も驚きました。
結局、官僚に頼らなければいけない政治家
情けないですね。
このままだと、結局自民党と変わらずで、
次に選挙があっても、民主党は勝てないような気がします。

spade若菜さんへ
>官僚に頼らなければいけない
 強固な官僚支配を打ち破るのは大変何だと思いますが、直接、天下り官僚に頼るのはどうかと思います。

政治の世界はまったく不可解ですね。
小沢幹事長の影もちらつきますが亀井大臣の暴走気味に郵政の行方が危惧されます。
鳩山首相の対応に興味があります。雑音(外部からの非難)がわかっていて郵政は大臣に一任したからという懐の深さか
それとも抑えきれないのか今後を見て生きたいと思っています。

spadeMugenさんへ
>亀井大臣の暴走気味
 彼の動きは、気になりますね。
 自らの存在を見せるための単独の行動か?
 与党間の連携による行動か?
 今後の動きを見たいですね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/31937685

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政社長人事:

« 疲れました | トップページ | 所信表明演説 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31