フォト
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月26日 (日)

麻生首相、高齢者は「働くことしか才能がない」

Tky200907s  「麻生首相は25日午前、横浜市内で開かれた日本青年会議所の会合であいさつし、「日本は65歳以上の人たちが元気だ。介護を必要としない人たちは8割を超えている」としたうえで、『元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは働くことしか才能がない。働くということに絶対の能力がある。80(歳)過ぎで遊びを覚えるのは遅い』と語った。
 高齢者に働いてもらい、活力ある高齢化社会を目指す考えを示したものだが、高齢者をやゆしたともとれる表現に批判が出る可能性もある。(2009年7月25日13時27分  読売新聞)」

 との報道がありました。

 この発言は、高齢者を「働くことしか才能が無い」「遊びを覚えるのは遅い」として、高齢者の多様な生き方を切り捨て、国家にとって必要な「労働」を一方的に押しつけようとするものです。高齢者の一人ひとりが個性的に豊かに生きることを否定する反福祉的発想です。

 首相の発言には、いつも驚かされます。ひどい首相です。

2009年7月21日 (火)

本日解散

01  本日解散しましたが、あの「万歳」は、何なのでしょうか?意味不明、何となくシラケます。

 麻生首相の記者会見も心が感じられない棒読みでした。

 テレビでは幹事長書記局長が参加して「6党幹部に問う」との番組が放送されています。順番にダラダラした一方的な発言がされ、聞いているのが辛いです。

 今後の政策論争が心配です。

 しっかりと政策を検討して投票をしたいのですが、中々難しいですね~ 

2009年7月14日 (火)

解散総選挙

Ba64cbe5d82e6934  いよいよ解散です。

 21日解散、8月30日投開票と日程が決まりました。

 イメージや人気に惑わされる事なく、政策を比較してしっかり投票したいと思います。

2009年7月12日 (日)

総選挙近し「岐阜四区」

2009_07120001s  解散の行方は、全く解りませんが、確実に近づいてる事には、間違いありません。任期満了でも3ヶ月以内の選挙は確実です。

 各政党候補者も選挙の事前準備に余念がありません。

 我が田舎町にも個人ポスター、政党ポスターが急に増えています。一部の政党では、各家庭への全戸配布も始まっています。

 個人ポスターが目立つのは二大政党である自民と民主ですが、予定者個人名を全面に掲げ、政策にはふれられてはいません。

 

2009_07120006s  一部の政党は、パンフレット等で政策にふれていますが、箇条書きのスローガン的なものであり、政策の効果、財源問題には何も触れられていません。

 今後、国民目線にたった政策論争を期待したいと思います。

 

2009年7月 4日 (土)

映画「ひめゆり」

E38s  沖縄「ひめゆり学徒隊」

 「この映画は、生き残った者の真実の叫びであり、亡くなった友への心の奥底からの鎮魂の思いを綴ったものです。」(ひめゆり学徒生存者 木村つる)

 映画を見終わり「叫び」が私の心に重くのしかかってきました。

 この映画の手法である「音声は生存者の証言だけ」に途惑いました。

 この「叫び」を受け止める心の準備が出来ていませんでした。

 心の準備をした上で、再度、観たい映画です。

↓「ひめゆり」長編ドキュメンタリー映画 公式HP↓
http://www.himeyuri.info/

2009年7月 1日 (水)

自民混迷

Cb9992ba  自民党の混迷状態が続いています。
 東国原知事への出馬要請などは、そのさいたるものだと思います。その上に「総裁候補にしろ」とこけにされ一層混迷を深めています。

 一方党内でも麻生おろしが激しくなり、様々なグループが公然と声上げ、動き始め、党としての体も無い状態です。

 党内からは「表紙を変えただけではだめだ」「政策を」との声もありますが、「麻生おろし」の声にかき消されています。

 既に党内で政策を議論することさえ出来なくなっています。完全に政権担当能力が無い政党です。

 一刻でも早く解散をして、国民の審判を受けるべきだと思います。

 今、麻生内閣が出来ることは、「解散」だけです。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31