フォト
無料ブログはココログ

« 郵便制度悪用 厚労省課長逮捕 | トップページ | 自民混迷 »

2009年6月21日 (日)

脳死

Nousi1  脳死を「人の死」とすることを前提に、現行では禁止されている15歳未満からの臓器提供を可能とすることを柱とした臓器移植法が衆院で可決されました。

 臓器移植だけしか治療の方法が無い人達にとって切実な問題であることは良く理解出来ます。 

 しかし、死は、価値観、宗教等によって違いは大きく、科学的にも死は生との連続的なものであり、点として決めることは困難されています。

 「脳死状態」とされながらも生き続けている人達もいます。
 
 国民的な議論も無しに臓器を取り出す事だけを目的に法律で脳死を「人の死」として決めてよいのだろうか?

  臓器提供者の生前の意思を前提に移植の時だけ限定的に「死」とすることを含めて再度議論が必要だと思います。

« 郵便制度悪用 厚労省課長逮捕 | トップページ | 自民混迷 »

コメント

「脳死=人の死」と法律で決めることには、同意できません。
 脳死がクローズアップされたのは、移植技術が先行して「どうしたら移植の成功率が高まるか」が問題になってからの事です。
 移植に頼りたい人、親の気持ちもわかります。脳死状態といわれても成長し続ける子供、生き続ける人の親、家族の気持ちもわかります。
 移植に同意して提供したい人はできるように、納得できない人はしなくても良いように、自分の死、家族の死は当事者が決めるべきではないでしょうかthinkthink

spadeちひろさんへ
>移植技術が先行して
 移植の必要性からだけの目的で「人の死」を決めてしまう事に疑問を感じますね。

>自分の死、家族の死は当事者が決めるべき...
 死を法律で一方的決めてしまう事には、同意できません。本人の同意無しに移植をが可能な移植法には反対です。

脳死は難しい問題ですね。
今回の、法案によって、助かる命が増えるかもしれませんが
脳死でも、奇跡が起こっていつかは・・・
という気持ちもあるかもしれない
そう考えると、どちらがいいと、私は言えないのです。

spade若菜さんへ
>どちらがいいと...
 そうですね。ほとんどの人がまようと思います。だからこそ短時間で決めるのではなく、国民的な議論が必要だと思います。

本当に難しい問題だと思います。

仮に自分が脳死状態になったとしたら、再起不能のまま死を待つよりも、使える臓器を誰かに提供して死んだほうがよっぽどマシな気がします。憂き世で人に気遣いできなかった分、最期に人の為に何らかの形で尽くすが出来れば本望です。

でも、これはあくまでも俺個人の考えなので、全ての脳死患者がそのような遺志を遺すとも限らない…
法律よりも患者や御家族の考え方が大事だと思います。

やっぱ、国会で十分に議論がされてないことが一番の問題だと思う。国民のほとんどはよくわかってないし、その上国会の大先生方もほとんど分かってない状態で採決したってあたりは、この国のレベルの低さを感じます。
命にかかわる問題なのに・・・困った国です。

spadeコミカルバナナさんへ
>法律よりも患者や御家族の考え方が大事
 同感です。法律で人の死を脳死と決めることには現状では無理があります。

spadepomさんへ
>十分に議論がされてない...
 議論がなされていない点が大きな問題ですね。各党内で党議拘束を外しての採決は、一見議員1人ひとりの意志を大事にしているように見えるが、議論不足の一つの証してです。
 党議拘束を外すならば、その前に国民的議論、党内での議論の後に行うべきです。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/30178013

この記事へのトラックバック一覧です: 脳死:

« 郵便制度悪用 厚労省課長逮捕 | トップページ | 自民混迷 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31