フォト
無料ブログはココログ

« 雪 寒い  | トップページ | 「こんにゃくゼリー」製造再開 »

2008年11月19日 (水)

元厚生次官宅殺傷事件 「テロなら許せない」

Photo  元厚生省幹部が連続して殺傷された。

 もし、これが政治的意図持つテロ行為ならば許せない行為だ。

 厚生省及び厚労省が行ってきた非道な政策の実践は、「消えた年金」「障害者自立支法」「後期高齢者法」等を初め許すことの出来ないものである。

 しかし、これらの政策に対する抗議や批判は、民主的に言論を通じて行うべきものである。もし、テロだとすれば、非暴力の民主的福祉運動に対する挑戦でもあり、これまで築き上げてきた福祉運動を破壊する行為でもある。

 警察は、他の元幹部職員警備と犯人逮捕に全力で取り組んでほしい。

« 雪 寒い  | トップページ | 「こんにゃくゼリー」製造再開 »

コメント

ニュース見て驚きました。
確かに、許せない事もありますが、だからといって暴力・・・ましてや次々と殺傷していくなんて間違っていますよねannoy
ふるさんの言うとおり犯人逮捕に警察は全力で取り組んで欲しいですね。

spade若菜さんへ
>次々と殺傷していくなんて間違っていますよね

 福祉行政への批判や恨みだとしても間違った方法だと思います。やってはならないことです。
 早く犯人が明らかになることを願っています。
 

最近にないタイプの事件で世の中の屈折度がましている表れでしょうか?
異様な怖さを感じます。

まだ分かりませんが、犯人と思われる人物が捕まりましたね。
これからの捜査で全てを明らかにしてほしいものです。

ブログにも書きましたが、俺も金融危機の痛手を受けました。
昭和初期の世界恐慌の時は軍事政策で切り抜けましたが、その結果、第二次世界対戦が勃発しました。
軍事は金になりますが、それが重大な悲劇を生むのは想像にかたくないと思います。「毒をもって毒を制する」前に、世界中が冷静になって考えなければいけないと思います。
実質と人道のバランス。実に難しいです。

spadeMugenさんへ
>最近にないタイプの事件
 これまでも不可思議な事件がありましたが、より一層謎の多い事件ですね。何が背景にあるのか不気味です。

★コミカルバナナさんへ
>...世界恐慌の時は軍事政策で切り抜け...
 今回も軍事政策が前面に出ることの可能性は、十分にあると思います。しかし、そのような方向に進まないように国民の目で十分な監視が必要だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/25472032

この記事へのトラックバック一覧です: 元厚生次官宅殺傷事件 「テロなら許せない」:

« 雪 寒い  | トップページ | 「こんにゃくゼリー」製造再開 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31