フォト
無料ブログはココログ

« 何のための内閣改造 | トップページ | ノーモア・ヒロシマ ノーモア・ナガサキ »

2008年8月 5日 (火)

「オオハンゴウソウ」が増えている

2008_08030001s  久しぶりにドライブでの撮影に行ってきた。
 毎年行く近くの峠である。棚田があり、古い日本の風景があるので好きな場所だ。山野草も多く、比較的良い写真が撮れるので体調が悪くなるまでは、何度も出掛けていた。

 今回、久しぶりに現地に着いてビックリ。オオハンゴウソウの群生が何カ所もあり、風景さえもが少し変わってしまった様な気がした。

 オオハンゴンソウ(キク科)は北アメリカ原産の多年生植物で、日本には園芸植物として明治時代に導入され、その後河辺や草原・荒れ地などに広がり、北海道から本州の中部以北の地域を中心に広く帰化している。
 草丈は2mを越え、7月~9月ごろにかけ、大きな花を咲かせる。種子だけでなく、地下茎で繁殖するため、繁殖力が旺盛である。
 また、地下茎からは他の植物の生育を妨げるアレロパシー(多感作用)といわれる物質を分泌するために、他の植物が生育でき無い環境になり、日本の在来種が絶滅の危機を迎えている地域もある。

2008_08030013s  二〇〇六年二月、外来種被害防止法により特定外来生物に指定された。栽培,販売,譲渡などは原則禁止となっている。しかし、その繁殖は、止まることが無い勢いだ。
 私の住む地域でも数年前からチラホラ見かけ、駆除も呼びかけられていたが、その取り組みを越えて繁殖地域は、拡大しているような気がする。

 こうした問題は、植物の世界だけの問題では無い。動物の世界でも同様の問題を抱えている。それらを含めて根本的な取り組みが必要なのだろうが、もともと、人間の活動から生まれた問題だ。世界的な規模で物も人間も動く中では、なすすべが無いのかも知れない。

« 何のための内閣改造 | トップページ | ノーモア・ヒロシマ ノーモア・ナガサキ »

コメント

ふるさんへ
天生峠でもオオバコ除去作業のボランティアを募集しています。わが家の庭にもありますけど・・

spadeしんごママさんへ
 天生峠は、数年前からボランティア募集しているようですね。駆除は、順調にいっているのでしょうか。
 ある地域では、駆除の際に種子を蒔く結果になり、繁殖が広まってしまった報告もありました。
 何とかしないと行けませんね。

昔 セイタカアワダチソウという外来の植物が、繁茂して駆除の運動を展開したことがあります。今はあまり見かけなくなりました。セイタカアワダチソウもオオバコも
花は黄色、何か共通点を感じます。

オオハンゴウソウという花初めてsign02知りました。
外来種ってどうしてそんなに強いのか
不思議です。
生態系を守る為にも、外来種も植物ですが駆除しなければならないのですね・・・

spade紫苑さんへ
>セイタカアワダチソウも一時期は、繁殖があったようですね。今は、それほど勢いはなくなっているようです。
 変わって、オオハンゴウソウが勢いを増し、在来種への被害がひどくなっているようですね。

spade若菜さんへ
>駆除しなければならないのですね・
 植物そのものには、何の責任も無いのですが、駆除の対象になってしまうのは、ちょっと可哀想な気もします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/22803358

この記事へのトラックバック一覧です: 「オオハンゴウソウ」が増えている:

« 何のための内閣改造 | トップページ | ノーモア・ヒロシマ ノーモア・ナガサキ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31