フォト
無料ブログはココログ

« 値上げが止まらない | トップページ | 何のための内閣改造 »

2008年7月27日 (日)

見量山の夕焼け

2008_07270008s  自宅前から観れる見量山の夕焼けを久しぶりに撮影した。調べてみると昨年の10月以来10ヶ月ぶりの撮影だ。

 定期的に撮り続けたい山なのであるが、建物や電信柱の増加かが続き、風景として魅力がどんどん無くなって来ている。また、見量山トンネル、高速道路も完成し、見量山自身の自然も周辺も大きく変動している。

 今回の夕焼けは、これまで撮影したことのない風景だ。
 これまで撮影した物の中で、最も激しさを感じる。私の独善的な感性には、躍動感のある雲の形と色が、何かに対する怒りをあらわしているように感じる。

« 値上げが止まらない | トップページ | 何のための内閣改造 »

コメント

今日のこの夕焼け、ボクも見ました。
娘を迎えに行った帰りに、すごい雲と夕焼けやなあと思っていたら、娘もケータイで撮ってました。ボクはカメラを持ってきておらず撮り損ねましたが、ここで見れるとは思いませんでした。
 私も確かに激しさを感じました。

spadepomさんへ
>私も確かに激しさを感じました。
 やはり同じように感じましたか。私の独善だけで無かったのですね。
 見量山の怒りでしょうか?

こんばんは、ブログへのコメントありがとうございます。すごい迫力です。夕日もこのような表情を見せることがあるのですね。

凄い夕焼けですね。ごつごつとした赤い塊、宇宙のマグマがふつふつと怒りに燃えているようなそんな感じがします。

spadekokomukuさんへ
 コメントありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

>..このような表情を見せることが..
 撮影した私も驚きました。食事をしている最中でしたが、すぐ、外へ出て見晴らしの良いところまで、大急ぎでした。  

spade紫苑さんへ
>...怒りに燃えているような...
 私も「怒り」を最も多く感じました。自然は、時として、人間の心を写し出すような風景を描き出しますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/22589704

この記事へのトラックバック一覧です: 見量山の夕焼け:

« 値上げが止まらない | トップページ | 何のための内閣改造 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31