フォト
無料ブログはココログ

« 県陸上選手権 | トップページ | 血糖値の高さにビックリ »

2008年7月20日 (日)

ヒメジョオン(姫女苑)

2008_07190041s  今日は、午前中に撮影散歩。
 私の住む地域では、野草は、春の花から夏の花へ完全に入れ替わりっている。特に目立つのは、ヒメジョオンである。生命力が強く、道端、空き地のあらゆる所に群生して咲いている。

 名前は、中国産のシオン(紫苑)という野草に似ていて、それよりも小さく、可憐であることから、「姫」を付け加えて名付けられた。鉄道の線路沿いに広がったことから、鉄道草とも呼ばれている。

 しかし、生命力が強すぎることと、樹高が高いわりに花が小さいことから、花として紹介されるよりも、雑草として、駆除される対象として認識されていることが多い。

 遠くから見ている限りは、花だとは、認識出来ない。近づいて一つひとつの花を注目すると白と黄色が鮮やかな綺麗な花であることが解る。是非、皆さんも探して近づいて観てみてください。

分類:キク科ヒメジョオン属
分布:全国、帰化(明治時代、北アメリカ原産)
花期:6月~10月
薬用:花や葉を煎じて飲用、糖尿病の予防
食用:おひたし、あえもの、油いため、佃煮、天ぷら
花言葉:素朴で清楚

« 県陸上選手権 | トップページ | 血糖値の高さにビックリ »

コメント

ヒメジョオンもよく見かける花ですね。
確かに、たくさん咲くので問答無用で駆られている姿をよく見かけます。
黄色い部分(花粉?)も色が強くて一度手や服につくと落ちにくい記憶があります。
こうやって写真におさめられるとかわいらしい花なのにチョット残念ですね・・・

spade若菜さんへ
 そちらでもバッサリと駆られてしまうのですね。
 花粉の色の落ちにくさは、知りませんでした。生命力の強さをしめしているようですね。今度触ってみます。
 もう少し、花の可憐さにも注目されると良いのですが....

花だけ見るとかわいいですね。
でも全体を見るとやはり雑草ですよね。
自分も町内会の草刈りのときには、何の躊躇もなく刈ってしまってます。
ごめんね、ヒメジョオンさん。

spadepomさんへ
>全体を見るとやはり雑草
 確かにその通りです。でも、帰化植物で生命力が強いのに、正式に駆除対象に指定されていないいようですから、仕方ありませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/22421406

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメジョオン(姫女苑):

« 県陸上選手権 | トップページ | 血糖値の高さにビックリ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31