フォト
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月27日 (日)

見量山の夕焼け

2008_07270008s  自宅前から観れる見量山の夕焼けを久しぶりに撮影した。調べてみると昨年の10月以来10ヶ月ぶりの撮影だ。

 定期的に撮り続けたい山なのであるが、建物や電信柱の増加かが続き、風景として魅力がどんどん無くなって来ている。また、見量山トンネル、高速道路も完成し、見量山自身の自然も周辺も大きく変動している。

 今回の夕焼けは、これまで撮影したことのない風景だ。
 これまで撮影した物の中で、最も激しさを感じる。私の独善的な感性には、躍動感のある雲の形と色が、何かに対する怒りをあらわしているように感じる。

2008年7月26日 (土)

値上げが止まらない

 値上げが、まったく止まる気配がない。
 今日、灯油が残り少なくなり、業者にお願いしたが、「8月から値上げです」とのことであった。冬と比較して量は、少なくなるが、風呂の燃料として欠かせない。
 ガソリンも更に値上げの気配である。公共公機関が不便な飛騨では、移動手段として車は必要不可欠である。
 この二種類の値上げだけでも我が家の家計は、大打撃を受ける。

 しかし、値上げは、まだまだ続く、ラッシュ状態だ。

Tizu2  マヨネーズ、昨年6月に値上げしたばかり、8月から再びキューピーが値上げ。
 乳製品、森永乳業は、9月出荷分からチーズ、練乳、スキムミルクを値上げ。明治乳業も9月、チーズやマーガリンを対象に2から3割の値上げに踏み切る。家庭用チーズは、昨年9月、今年3月に続く3度目の値上げ。
 更に、車も、トヨタ自動車が、中型以上の一部乗用車について値上げする方向。他社が追随するのは確実。
 値上げの品目は、更に広がる方向だ。

 こんな、値上げラッシュの中で、政治は、何の手も打たない。それどころか、来年度予算で社会保障、社会福祉費を更に削る方向を明確にした。

 もういい加減にして欲しい。
 現政権には、国民生活を思いやる気持ちは無い。国民生活を守る能力もない。
 早急に解散し、国民の審を問うべきだ!

 
 

2008年7月22日 (火)

血糖値の高さにビックリ

Kantaro2  久しぶりに外食で、寿司を食べに行き、その後血糖値を計ってビックリ。危険数値のすれすれに急上昇。退院後の最も高い数値だったと思う。

 近頃、安定した数字が出ていたので、多めに食べてしまったことと、寿司飯の量と糖分が予測以上に多かったのだろう。

 やはり、まだまだ、油断してはいけない状態なのだと再確認。特に外食は、含まれている糖分が確認出来ないので危険だ。寿司そのものは、美味しかったのだが、しばらく、外食は、禁止だ。

2008年7月20日 (日)

ヒメジョオン(姫女苑)

2008_07190041s  今日は、午前中に撮影散歩。
 私の住む地域では、野草は、春の花から夏の花へ完全に入れ替わりっている。特に目立つのは、ヒメジョオンである。生命力が強く、道端、空き地のあらゆる所に群生して咲いている。

 名前は、中国産のシオン(紫苑)という野草に似ていて、それよりも小さく、可憐であることから、「姫」を付け加えて名付けられた。鉄道の線路沿いに広がったことから、鉄道草とも呼ばれている。

 しかし、生命力が強すぎることと、樹高が高いわりに花が小さいことから、花として紹介されるよりも、雑草として、駆除される対象として認識されていることが多い。

 遠くから見ている限りは、花だとは、認識出来ない。近づいて一つひとつの花を注目すると白と黄色が鮮やかな綺麗な花であることが解る。是非、皆さんも探して近づいて観てみてください。

分類:キク科ヒメジョオン属
分布:全国、帰化(明治時代、北アメリカ原産)
花期:6月~10月
薬用:花や葉を煎じて飲用、糖尿病の予防
食用:おひたし、あえもの、油いため、佃煮、天ぷら
花言葉:素朴で清楚

2008年7月13日 (日)

県陸上選手権

2008_0712730035s  昨日(12日)県陸上選手権があった。
 子どもは、先日の東海地区大会で、思い通りの走りが出来なかったので、順位は別にして、今回は、自己新をねらっての出場だ。
 しかし、昨日の天候は、真夏日、競技場の温度は、確実に30度を超えていた。5,000㍍の長距離を走るコンデションとしては、最悪である。

 10時20分にレース開始。
 いつものレースとは、違い、最初から積極的にトップグループを走る。この熱さの中では、後半バテるのではと心配になる。しかし、中盤から後半にかけてもトップグループに食らいついている。そのまま、ゴールへ。
 記録は、自己記録を更新。順位もこれまで最高の3位。始めて表彰台に立つ。

 前回の悔しさをバネに毎日の苦しい練習を続けた成果だ。この熱さの中での自己新は、立派である。

 

2008年7月 9日 (水)

相棒 劇場版

Aibo  久しぶりに映画館で映画を観た。近頃は、人混みの中へはいるのは、苦手になり、レンタルして自宅で観るのがほとんどである。

 相棒は、テレビ版を観て、少しファンになった。近頃の他の刑事物に比較して謎解きのおもしろさ、会話のおもしろさが一歩先を行っているように感じている。刑事ドラマで有りながら「反権力」という点も気に云っている理由の一つだ。

 今回の劇場版も権力の不正を暴くことが、大きな柱になっているところに魅力を感じた。更に、殺人の動機(愛情、怒り)が明確なことも、納得して観れる点だった。
 現実の社会での殺人は、動機無き殺人事件が増加し、明確な怒りの対象がなく、行動している点とは、違っている。映画であるから現実とは違うのは当然だが、映画の方にリアリティを感じた。現実の方に、リアリティを感じられない時代だ。「現実は、小説よりも奇なり」というが、その通りだ。

 謎解き、犯人に迫っていく、迫力は、テレビドラマより、テンポも早く、スケールも大きい。油断をすると、その流れについて行けなくなる。パンフレットを購入し、もう一度じっくり映画での疑問を解き明かす楽しみもある。

★あらすじリンク

 

2008年7月 6日 (日)

サミット 無駄遣いの外交ショー

M6367738  明日(7日)からサミット(主要先進国首脳会議)が日本の洞爺湖で3日間の日程で始まる。報道によると今、世界がかかえる温暖化問題や食糧問題等が協議されるとの事だ。しかし、たった三日間、実質1日間で何が出来るというのだ。
 その上に、温暖化も食糧問題も主に米国をはじめとする先進国が積極的に生み出してきたもの物であり、彼らにその解決が出来るとは思えない。これらの諸課題を解決することは、自らのこれまでの政策(市場原理絶対主義)を自己否定する事につながる。

 それでは、何故サミットは、開催されるのか?
 信じられない話だが「アリバイ造り」が最大の目的だ。「単なる外交ショー」「宴会旅行」との批判が繰り返されるのもそのためだ。
 日本では、福田政権のイメージアップと延命に役に立つだけだ。

 その上に、「単なる外交ショー」に膨大な金額が費やされる。。
 英タイムズ紙によると日本は、約600億円を費やすとの事だ。これは、通常のサミット開催費用の2~3倍にもなるのだそうである。私には、金額が多すぎて検討もつかないが、英紙によれば「年四百万人のエイズ患者を治療できる」金額との事だ。

 今の日本に無駄遣いをしている余裕があるとは思えない。
 そんな金があるのなら、福祉、医療を削るな。年金問題を早く解決しろ。消費税の値上げ検討など中止しろ。
 

2008年7月 2日 (水)

ドクダミ(毒痛み)

2008_06280007s  撮影、散歩、家の隣の空き地で、白い花の群生を発見。白い花弁が印象的で撮影。

 後で調べてみるとドクダミであった。ドクダミという言葉は、よく聞くが、そのものをしっかり見て撮影したのは、始めてだ。
 更に調べてみると、花だと思っていた部分は、葉が変化したもので、本当の花は、真中に伸びた穂の部分だとの事だ。

 民間薬としてもよく知られ、名前は、毒や痛みに効くことから、この名前らしいが、実際に試したことがない。どなたか使ったことあるかな?
 ベトナムや中国では、食用する。日本でも山菜の1つとして天ぷらなどにして賞味することがあるとの事だ。

 全ての食品が値上がる時代だから、タダの山野草を食べることも本当に考えなければないかもしれない。

分類:ドクダミ科ドクダミ属
学名:Houttuynia cordata
分布:本州~沖縄
花期:6~7月
花言葉:白い追憶

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31