フォト
無料ブログはココログ

« 地震 -気持ちが重くなる- | トップページ | 挨拶 »

2008年6月18日 (水)

死刑執行

Img20080506  鳩山氏が法務大臣に就任してから4度目、計13人の死刑が執行された。これまでの死刑執行と比較して異常な早さだ。

 私の死刑に対する基本的立場は、「死刑廃止」である。
 したがって、死刑執行は、いつも複雑な気持ちで受け止めることが多い、でも、被害者家族の気持ちを考えると「死刑廃止」と大きな声で発言する気持ちにもならない。

 しかし、刑罰が「仇討ち」的側面を持ちながらも、法の正式な目的は、「犯罪の抑止効果」を期待されているのだそうだ。ところが、現実には、同じような不可思議な殺人事件が多発している。現時点では死刑には、犯罪の抑止効果は、無いと言える。

 ところが、近頃のマスコミは、死刑の「仇討ち」的側面を異常に強調し、本来の死刑制度の目的から大きく外れた所での報道が多すぎると思う。

 人が人を罰するとき、それも「死刑」という罰を科す場合には、もっと冷静であるべきだと思う。仇討ち的、感情的な側面からだけの議論は、危険だと思う。又、冤罪の多さも考えると「死刑制度の維持」について、もっと議論すべきだと思う。
 
 そうした議論を無視するかのように「死刑執行」を加速させる現法務大臣の姿勢には疑問を感じる

« 地震 -気持ちが重くなる- | トップページ | 挨拶 »

コメント

死刑執行人の手記のようなものを読んだ記憶があります。上の命令によって仕事としてしなければならないらしいですが、やはりその後は眠れず食べられず、家族にも言えない苦悩の日々を送るらしいです。


spade紫苑さんへ
 死刑執行人の苦悩、解るような気がします。これも、一つの死刑制度の犠牲者と言えると思います。
 もっと、冷静に慎重に死刑について考えたいですね。

酒鬼薔薇の事件がおきた直後、永山則夫が処刑された。未成年でも厳罰に処するというスケープゴードにされた。
そして今、秋葉原事件の直後に宮崎勤の処刑。理由は明らかですね。
わざわざこのタイミングで執行するなんて、国民感情を誘導するために死刑囚を利用している。ハトヤマは汚名しか残らないと思います。

spadepomさんへ
 同感です。
死刑制度の維持をねらった意図的な死刑執行だと思います。それも、直前の事件を利用するという姑息な方法をとって...
 法務大臣として、不的確です。

お久しぶりです。

…死刑肯定派でスミマセン!
死刑を肯定すると、遠い将来、殺人以外の犯罪にも適用される恐れも考えられます(例えば、年々厳罰化が進んでいる飲酒運転にも、適用されるのではないかと考えています)。
ただ、死刑を無くしたら、どのような形で凶悪殺人犯に裁きを下せば、身内を失った方々に納得していただけるかを考えると、死刑を廃止を唱えるのは躊躇します。

死刑存廃よりも、人殺しを無くすことの方が大事なような気がします。空しい願いではありますが…

spadeコミカルバナナさんへ
 死刑制度は、どのような立場にある人でも大きな声を上げて賛成したり、反対したり出来ないものだと思っています。
 でも、どちらの立場に立場に立っても「冷静」議論が必要だと思います。
 それに、おっしゃるとおり、凶悪な殺人事件を減らすことが最も大事な事だと思います。
 難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/21714152

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑執行:

« 地震 -気持ちが重くなる- | トップページ | 挨拶 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31