フォト
無料ブログはココログ

« たぶん「キジムシロ(雉筵)」 | トップページ | MS、ヤフー買収断念 »

2008年5月 6日 (火)

国連「障害者の権利条約」発効 -遅れる日本の批准-

Mainlogo2  障害者への差別をなくし、社会参加を促す国連「障害者の権利条約」が5月3日、発効した。締約国は、差別をなくし、教育や雇用などあらゆる分野で障害者に健常者と同じ権利を保障する義務を負う。

 日本政府は、昨年9月に署名したが、「批准」はしていない。批准は、「条約に書かれた中身を国会で日本の法規として承認する」ことが必要だからである。
 つまり日本は、国際的に確認されている障害者の権利を法的に保障していない状態にあると云うことである。

 その一つは、「障害」の範囲の違いである。
 権利条約では、障害の範囲を広く認定している。ところが、現行の日本の障害関連制度は、古い基準にしがみつき、目に見える身体の欠損、IQ等に傾斜した障害認定となっている。そのため、新たな障害「高次脳機能障害、慢性疾患者の継続的な体力の制限、難病等」の場合、生活上の困難さが反映されず、必要な諸制度が利用できない実態にある。
 
 二つには、障害者に対する「合理的配慮」が明確でない点だ。
 権利条約では、「合理的配慮が無ければ、差別になる」と明記されている。しかし、 日本の障害者基本法には、差別禁止をうたっているが「合理的配慮」について書かれていない。つまり、スローガンは、あるが具体的に何をすればよいのか明記していないのである。
 学校に入学できたが、学習、生活環境(トイレ、食事)、通学等が確実には保障されない。家族、教師、クラスの仲間の努力、善意に依拠し、法的な保障はないのである。
 就職の場合も同様である。職場おける作業、生活介助者の義務づけ等の「合理的配慮」の法的保障は無く、本人の努力と職場の仲間の善意に依拠している。

 某新聞によれば日本における条約の批准は、「関連法の改正が必要であり、しばらくかかる見込み」と報道されている。日本における障害者の権利保障が貧困なことは明確である。

 日本政府は、早急に権利条約と関連法のギャップを実態に即して具体的に変更すべきである。

  

« たぶん「キジムシロ(雉筵)」 | トップページ | MS、ヤフー買収断念 »

コメント

おはようございます。(^^♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。

今日は連休明けで好天な大阪の空です。
連休の疲れは大丈夫ですか、桜パパは昨日も岩盤浴で疲れ取りをして今日からの仕事に備えました。

家族や身内に障害者のいる方はよくわかるのですが・・・

更新楽しみに訪問しています。
(*⌒ー⌒笑)o『笑う門には福来る』

spade桜パパさんへ
>身内に障害者のいる方はよくわかるのですが...
 そうでね。障害者の方達の生きる方法は、公的援助ではなく、身内の方の努力に任されてしまっていいます。こういうことにも、国の福祉政策の貧困さが表れるのだと思います。

障害者の方も健常者と同じ生活が出来る、例えばもっと自由に街に出て行かれるような、権利保障が必要ですね。

spade紫苑さんへ
>例えばもっと自由に街に....
 そうですね。現状は、外に出るためには、様々障害が待ち受けています。
 段差、階段の多さ、点字ブロックの少なさ、トイレの未整備、介助員確保の困難さ等様々な準簿努力が必要です。
 自由に街に出るためには、法的整備が急務です。

日本は弱いものいじめをする国ですね。
障害者の権利がせめて法律だけでもきちんとなればいいですね。

spade若菜さんへ
>法律だけでもきちんとなればいいですね
 そうですね。法律がある程度明確であれば、それを目指して努力する事が可能ですが、法律さえもが不明確では、手の打ちようがありません。今回の権利宣言を道しるべにまともな法律を作って欲しいですね。

>スローガンは、あるが具体的に何をすればよいのか明記していないのである
確かにそうだと思います!!
現状に合わせた対策をして欲しいですね。

spadeキキララさんへ
>現状に合わせた対策を
 そうあるべきだと思うのですが、中々思い通りには、進みません。
 飛騨高山も「福祉バリアー都市」等とスローガンを掲げながら、実態は、観光施設だけが整備され、地域に住む人達の為の整備は、遅れています。
 今度こそこの権利宣言を機に本格的な政策が実行されることを望みます。

お久しぶりでごめんなさい
障害者の事を誤解している方が色々決めてしまうからなぁ。もう少し視野を広くして当事者の問題に取り組んでほしいし、当事者と話し合い、決めていけばよくなるかも。
私たちの市は、バリアフリーで、ほめられたくて賞ばかりとろうと、審査員にいいとこだけ見せご機嫌とったりしてほめられて賞をいただいたと。うれしいそうに全国にPRしているけど、住んでいる私たち障害者は危険な思いで歩いているのに。旧市内の病院の周囲・各福祉センター周囲・各学校の周囲の半径1キロの歩道も側溝は開けられたままだし。車道と歩道のみわけにくいし、段差も不揃いだし、児童の目線で信号機が見難いところもあるのに。せめて公共施設の周囲半径1キロだけでもほかのところのように気楽に歩かせてほしいです。

spadeちびすけさんへ
>住んでいる私たち障害者は危険な思いで歩いているのに...
 観光福祉都市して宣伝しているだけで、生活道路は、危険が一杯ですね。
 市の取り組みの姿勢に疑問を感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/20777140

この記事へのトラックバック一覧です: 国連「障害者の権利条約」発効 -遅れる日本の批准-:

« たぶん「キジムシロ(雉筵)」 | トップページ | MS、ヤフー買収断念 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31