フォト
無料ブログはココログ

« 静かに 「明日を信じて」 | トップページ | インターハイ県予選 »

2008年5月24日 (土)

ミヤコグサ(都草)

2008_05230014s  久しぶりに、近所を撮影散歩。
 近くの空き地で「ミヤコグサ」の小さな群生を発見。
 図鑑によると「道端等どこにも咲く」と書いてあるが、私の周辺では、この空き地でしか見かけない。不思議だ。

 茎は、地面を這うように広がっている。花は、蝶型でふっくらとし、澄んだレモンイエローで、小さな花だが遠くからでも発見が可能だ。
 花がつくまでの若苗は、水洗いして細かく切り、油炒(いた)めにするなど、食用にしてもよいようだ。まだ、食べた事が無いが、一度試してみようと思う。

 名前は「都草」で、かつて京都市東山区の耳塚付近に多かったことからつけられたとの説がある。花の形が烏帽子(えぼし)に似ていることから、エボシグサの別名もある。

 近年、実験用のモデル生物としての利用が注目されている。栽培が比較的容易で生活環のサイクルが比較的短く、染色体数、ゲノム(遺伝情報)サイズが小さいことから、マメ科のモデル生物として優れたものとなりうるという。また作物改良への応用も期待され、ゲノムプロジェクトが進められているとの事だ。

 分類:マメ科ミヤコグサ属
 学名:Lotus corniculatus var. japonicus
 分布:全国、中国・台湾・ヒマラヤにも生育
 花期:4月~10月

★次回の更新は、5月28日の予定

« 静かに 「明日を信じて」 | トップページ | インターハイ県予選 »

コメント

なかなか綺麗な黄色ですね。それに食べられるし、形も面白いし。小粒でも存在感がありますね。

面白い形の花ですね。
しかも食用に出来るとはビックリですsign03

身近な花が、化学の最先端で使われてるってのは面白いです。マメ科代表、、都草って名前もかっこいい。

spade紫苑さんへ
>形も面白いし
 私も最初に出会ったとき、形の不思議さに惹かれました。同時に綺麗な黄色にも惹かれます。これからも撮り続けたい花です。

spade若菜さんへ
>...食用に出来る...
 私も食用に出来ることはつい最近知ったことです。花が咲く前に見つけないと食べれませんので、茎や葉を見極められるように勉強します。

spade薬作り職人さんへ
>...化学の最先端で使われてる...
 そうですね。私たちが何気なくみている山野草が綺麗なだけでなく、人間の科学の進歩に深く関わっているというのは、驚きですね。

ホントにレモン色でステキですね~
拡大して拝見しました~
苗が食べられるんですね~びっくりです。
ありがとうございました(^^♪

ふるさん、お身体無理しないで下さいね~
ご自分を大切になさって下さいね。

コメントありがとうございましたconfident
レモンイエローで可愛い花ですねheart02あたしの近くにも生えているか探してみたいですnotes
どんな味がするんですかね!?あたしも食べてみたいですdelicious

spadetanpopoさんへ
>拡大して拝見しました~
 拡大してみていただいたのですか、拡大するとより綺麗だと思いますが、ピントのあまさバレてしまいます。

>お身体無理しないで...
 有り難う御座います。つい、夢中になって無理するのが私の欠点です。気をつけます。

spadeキキララさんへ
>探してみたいです。
 是非、探してみて下さい。群生している様子は、写真以上に綺麗です。

鮮やかな黄色です。
この花って、よく宴会とかで造りのツマに彩でのせてあるのですかね?
なんでも食うことか呑むことにつながってしまうなー。食欲の初夏ですねー。

spadePomさんへ
>造りのツマ...
 う~ん、確かに何か黄色いものがあった記憶はあるのですが、ミヤコグサである確信はありません。今度一緒に飲みに行く機会があったら「造り」を注文してみましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/21114001

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤコグサ(都草):

« 静かに 「明日を信じて」 | トップページ | インターハイ県予選 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31