フォト
無料ブログはココログ

« 「コハコベ」かな? | トップページ | 良い天気 眠気が... »

2008年3月14日 (金)

宙に浮いた年金記録

Nenkintecho  驚いた。名寄せ作業を行ったにもかかわらず、なお、宙に浮いたままの年金記録が2,025万件もあるという。

 確か参院選で安部首相が「今年度中に最後の一人まで明らかにする」と絶叫していた。選挙目当てに嘘をついたのか?

 ところが政府与党の態度は、「公約違反じゃない。名寄せを今年度中にやると公約したのだ」と開き直り。これは、明らかに確信犯だ。出来ないことが解っていながら、さも、完全に終わると国民に思わせるように言葉で誤魔化したのだ。

 これだけの数の年金を一体どうするつもりなのだ。
 厚生省は、手書き記録と照合する、インターネット上に公開する、住基ネットと照合する等々と言っているが、具体的な見通しは、何も明らかではない。どれだけ時間がかかるのか?
 このままでは、年金をもらえる権利のある人の多くが、もらえないまま放置されることになる。

 政府は、選挙目当ての誤魔化しではなく、今後の作業内容とその見通しを明確に示す責任がある。

« 「コハコベ」かな? | トップページ | 良い天気 眠気が... »

コメント

名寄せが終わるくらいなら、最初から宙に浮いた年金なんて出るはずがないと思います。
ニュースを聞いたときやっぱりそんなものか・・・と思いました。

若菜さんへ
>...やっぱりそんなものか・・・と思いました。
 同感です。怒りと同時にあきらめの気持ちもあります。こんな事ではいけないのでしょうが、政治不信は、深まるばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/11340000

この記事へのトラックバック一覧です: 宙に浮いた年金記録:

« 「コハコベ」かな? | トップページ | 良い天気 眠気が... »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31