フォト
無料ブログはココログ

« ロイ・ブキャナン | トップページ | 今年2度目のオオイヌノフグリ »

2008年3月 7日 (金)

蕗の花

2008_03070001s  自宅庭の日当たりの良い場所から蕗の花が芽を出し始めた。

 この写真の蕗は、花を咲かせる直前だ。あまり元気がない感じがする。天候が不安定で芽を出した上から雪が降る状態があったからだろう。

 それ以外にも土の中に「フキノトウ」として食べれそうなのものが潜んでいるようだ。注意深く時期を待ち掘り出して「蕗味噌」して食べ、早春の味を感じたいと思っている。

 やはり、飛騨の山奥にも確実に春は近づいている。

« ロイ・ブキャナン | トップページ | 今年2度目のオオイヌノフグリ »

コメント

蕗の花を初めて見ました。自生するものなのですか。それとも植えておられるのですか。蕗のとうは、大阪でもスーパーやデパートの野菜売り場で売っています。まだこの時期とてもお高いです。以前にお味噌汁に入れたことはあるけれど、蕗味噌って食したことがありません。つんと春の香りがして美味しそうですね。

紫苑さんへ
>自生するものなのですか。
 はい、自生しています。
 自宅の庭にも、里山にも、たんぼ道の土手にも自生しています。アクが強いのであまり沢山は、食べれませんが、軽い苦みと春の香りが味わうことが出来ます。ビールのつまみに最高です。

自生しているなんて羨ましい限りです。

紫苑さんへ
>自生しているなんて...
 自然の多さだけが自慢の所ですから、でも、近頃は、高速道路の出入り口がすぐそばにつくなど、自然破壊のテンポは、激しいモノがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/11057805

この記事へのトラックバック一覧です: 蕗の花:

« ロイ・ブキャナン | トップページ | 今年2度目のオオイヌノフグリ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31