フォト
無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

冬に逆戻り

2008_03310004s  今日は、3月31日、3月最後の日、明日から4月である。新年度、春のはずだ。

 ところが、朝から雪が降り、山も田圃もうっすらと白くなり、冬に逆戻りsnow。夕方から夜まで、雪が降ったり、止んだり、寒さが続いている。天気予報では、更に寒くなる様だ。

 何か値上げラッシュの4月を象徴しているような寒々とした天気である。心も体も冷え切っていくようだ。 

 明日からは、新しい職場で仕事が始まるが、こんな状況では、仕事に集中出来るかどうか心配である。

2008年3月30日 (日)

値上げの春

P071017_11  新年度の春、新たな生活向けて、夢と希望の春であるはず。
 ところが、今年度の春は、「値上げの春」だ。
 特に穀物価格の高騰は、飼料や原材料としてあらゆる食品に幅広く波及する。既に牛乳、醤油、ビールの値上げは確実である。外食でもケンタッキーが値上げを決めている。他の外食産業も値上げをする事は、間違いない。
 更に小麦粉が3割値上げされることが決まっており、パン、ケーキ、菓子類や麺類の値上げは避けられない。又、電気、ガス料金も4月に一斉に上がる予定だ。
 値上がるほとんどの食品、電気、ガスは、庶民にとって直接生活に活関わるものばかりであり、暮らしを直撃する。我が家の台所は火の車だ。

 国民の生活が、この春から急激に悪化することは、明らかである。ところが、政治は、 道路や建物を作ることだけに一生懸命で国民の日々の暮らしに無関心であり、国民の生活の現実に対して、無策である。

2008年3月29日 (土)

ガソリン値下げ?

080905_pho01  いよいよ暫定税率の期限切れが秒読みに入った。私個人にとってもガソリンが値下げされることは嬉しいことだ。多くの人がそう考えているようで既に買い控えが起きているとの報道が目立つ。

 しかし、4月末には、衆院で再議決され、再び税率が復活する見込みだ。その前に衆院補欠選挙があり、その勝敗が再議決に大きく影響するとの事だが、今後の動きは不透明であり、ガソリンを売る方も買う方もどう動いて良いのか予測がつかない状態が続きそうだ。

 出来れば再議決なしに暫定税率が廃止され、他のガソリン税も一般財源化されれば、国民にとって最も良いと思う。

 大幅な財源不足を根拠に暫定税率と道路特定財源の維持を訴える声もあるが、あれほどいい加減な支出をしていたのだから、止めるのがすじだと思う。又、今予定している道路も必要性に大きな疑問があることが明確になっているのだから計画を凍結するのがすじだと思う。

2008年3月28日 (金)

通院

Picture042  いつも、通院は、心が重い。幾つかの病気があり、内科を中心に通院している。
 病名は、内科のみだけでも、糖尿病、高血圧、脂肪肝、脳動脈硬化症と、4つもある。生活習慣病、メタボと言われる部類に入る病気が中心である。
 その内、最も問題なのは、「糖尿病」である。入院したのも、これが一つの大きな原因であった。入院して、糖尿病食のまずかったこと、一日5回もの採血、1日2回のインスリン注射と苦痛の日々だった。その上に、自己採血、自己注射の練習もさせられ、最悪の入院生活であった。
 何とか自己採血等が出来るようになり、退院したが、ものぐさな私にとっては、苦痛は、続いている。
 しかし、インスリン注射、早ね、早起き、深酒の禁止で、病状は、確実に好転している。一時期は、血糖値が「300」もあったが、100台にとどまっている。ちょっと油断すれば、200台近くに跳ね上がるので、安心は出来ないが、概ね良好である。

 今後も闘病生活が続くが、健康な体を目指して、確実に歩んで行きたい。

2008年3月27日 (木)

不可解な殺人

 続けざまに不可解な殺人事件が起こっている。

 茨城県土浦市の8人殺傷事件、JR岡山駅の山陽線ホーム突き落とし殺人事件。

 「誰でも良かった。殺してみたかった。」

 こんな、殺人の動機があり得るのだろうか?

 犯罪心理学者は、これらの事件に触発されて、動機無き無差別殺人事件が今後も起きると予測している。同じ社会的な環境中で育った心が、共感し、触発され行動を起こすというのだ。
 しかし、誰もどのような社会的環境がこうした殺人事件に結びつくのか答えを持っていない。マスコミの報道も不可解さが明確になるだけで、真相は何も見えてこない。

 彼らの心の闇は、多くの人の心にもあり、いつでも、どこでも、起こりうることなのか?

 不可解な殺人が、これからも続くのだろうか?

2008年3月26日 (水)

イラク戦争の五年

Poisonfire  イラク戦争が始まってから丸5年が経過した。「イラクに大量破壊兵器がある」との理由から攻め入った米国をはじめとする多国籍軍。それに追従し、自衛隊を派遣した日本。
 ところが、イラクに大量破壊兵器はなかった。戦争の大義は、完全に崩壊した。米国は、自らの誤りを認めつつ「フセインを倒したことは意味がある」と戦争の理由をすり替え、引き続き侵略戦争を行っている。
 大義の無い戦争で多くの人の命を奪われた。米国自身も2003年の開戦以降の死者数が4000人に達した。更に増えることは間違いない。また、米兵以外の兵士の死者数は英国175人、イタリア33人、ウクライナ18人など。イラク側の死者数は兵士が最大で6375人、市民が同じく8万9710人と推計されている。10万人以上の命が既に奪われているのだ。そして、今も進行形で戦死者が増加している

 これ以上、無意味な戦争で死者を出してはいけない。早急に侵略戦争を中止すべきである。

 来る、米国大統領選挙で重要争点としてイラク戦争が取り上げられることは間違いない。徹底した政策論争行い、イラクからの撤兵を政策に掲げる大統領候補が当選することを祈りたい。

2008年3月25日 (火)

異動先で引き継ぎ

2008_03250001s  今日は、2度目の引き継ぎに行って来た。
 異動先の職場は、現在の職場より少し遠くなり、車で20分ほどである。自然が一杯のところであり、畑と田圃の中にある。すぐ近くには、神社と公園があり、空が大きく見え、広々とした所だ。
 写真は、職場の写真である。福祉施設であり、24時間利用者の人達が暮らしている。職員の側も当然24時間体制で、利用者の生活の支援を行う。
 私も若い頃は、遅番や夜勤を行い、直接支援をする立場だった。体を壊したのきっかけに事務員となり現在に至っている。
 今回の異動も直前に病気が悪化し、入院したために、その復帰先として勤務する事になったところである。
 実際に行う仕事は、病み上がりのため考慮していただき、当面は、比較的簡単な事務処理を行う事になっている。引き継ぎに行って感じたことは、簡単ではあるが、事務処理の煩雑さは、十分にあり、結構なボリュウムであった。今の私の体調からすれば、十分すぎるほどの内容である。この内容をじっくり取り組み着実に体調を整えていきたい。

 時間をもらって施設を一回りしてきたが、利用者の人達は、若い頃勤務していた福祉施設の利用者も多く、何人かの懐かしい人達とも会うことが出来た。

 

2008年3月23日 (日)

円高?

Endoru  現在、円高、ドル安だそうですが、いまひとつ、その内容が理解できないのは、私だけだろうか。為替相場と云うのも理解が出来ない。
 私なりに簡単に考えるとそれどれの国の通貨が商品や株の様に「売り買い」されているのだろうか。通貨が売り買いされるものだとすれば、円高とは、円を買いたい人が沢山おり、ドルを買いたい人が少ないということの結果起こっているのだろう。
 でも、なぜ、通貨が売り買いされるかが理解できないところだ。

 

Enndakakanngenn  仕組みの理解は、別にして実際の経済の動きの中では、輸出業者が損をして、輸入業者が特をするとの事だ。
 既に、輸入商品を取り扱っている大手スーパ等では、「円高還元セール」が始まっている。油も輸入商品だから少しは、安くなるのだろうか。

 私の身の回りでは、円高で損をする個人も業者もいないようだ。

 皆さんの回りで円高の影響でているかな?

2008年3月22日 (土)

自宅庭に春が見えてきた

 体調は、少し良くなりましたが、油断が出来ない状態だ。
 でも、暖かさに誘われて、庭と周辺を散歩した。ちょっと体が冷え、ただいま反省中。

  既に、全国的には開花予想がでて、今にも開かんばかりの桜のつぼみがテレビから流れてくる。しかし、飛騨高山に本格的な春が来るのはもう少し後のようだ。

2008_03220045s  自宅庭に出てみると少しずつだが、春の訪れを感じることが出来た。

 梅の木にやっとほんの少し蕾が出てきた。まだ、堅い感じだが、春が近づいていることを感じさせる。

2008_03220037s  名前は、解らないが、他にも紫色の花が咲いていた。以前からあったものか、今年初めてかも解らない。

 温度差がなくなり、本当の春が訪れることを願って、今日も早寝だ!

 

2008年3月21日 (金)

体調悪し

 昨日の夕方から熱を出し、ソファーに横になっていた。夕食後、風邪薬を飲んで、風呂も中止し、ベットに入った。

 暖かくなったり、寒くなったりの、この不順な天候に体調を壊したようだ。我ながら情けないが、例年、この時期は、ほとんど体調を壊している。

 今日は、何とか熱も下がり、仕事にでたが、体調は、今一つである。
 朝は、寒かったが、昼からは、少し暖かくなり、体がついていけない。暖かい状態で安定してくれるとありがたいのだが... 

 仕事の点から云うと、この時期は、年度の終わりで忙しい時期だ。特に今年は、異動になったために引継ぎがあり、例年以上に忙しくなる。体調を壊してはいけない時期である。

2008_03210015s  あら...また、熱が上がってきた。ただいま体温は37度1分。微妙な体温、これから上がって行きそうだ。

 何とかしなくちゃいけない。
 明日から土・日の二日間で体調を整えなければ...

 

2008年3月19日 (水)

日銀総裁決まりません!

Zaimu_2  どうなっているのでしょうか?

 いつまで経っても総裁人事が決まらない。

 自民党は、野党も同意できる人事を提案する事が出来ないのか?

 わざわざ民主党が絶対に反対することが明らかな人物を提案しているのはなぜ?

 大蔵・財務官僚に、なぜそれほど固執するのか?財務官僚の天下り先としてどうしても必要なポストなのか?日銀の独立性を奪い、どうしても財務省の言いなりにさせたいのか?

 財務官僚の圧力を前に福田氏は、総理として独自の判断が出来ないのか?

 福田内閣は、日銀人事をはじめ年金、道路特定財源等あらゆる分野で政治的に完全に機能不全状態に陥っている。内閣不支持率も50%を超え、国民の批判は高まっている。

 早急に衆院を解散し、国民の信を問うべ時期に来ている。

2008年3月17日 (月)

チベット民衆への弾圧

Dalailamatop  中国、チベット自治区で起こっている反体制運動の動きを「暴動」として各マスコミが報道している。まるで、反体制の人々が「乱暴者」で「暴動」を起こしているので、武力弾圧されても当然のような報道だ。流される映像は、チベットの人たちが店や車を破壊するものばかり。

 しかし、徐々に真相も報道されつつある。
 チベットでは、反体制の人たちに対する弾圧が日常的に強まっており、ダライ・ラマ氏(写真)の肖像画を持っているだけで逮捕される状況が生み出されていた。こうした、弾圧の不当性とチベットの独立を主張して僧らが中心に非暴力のデモが行われた。
 一部のデモ隊が暴動化したのは、装甲車がデモ隊に突っ込んだ事をきっかけだったらしい。最初に挑発的、暴力的な行動に出たのは、中国側であり、ほとんどのデモ参加者は無抵抗であったらしい。
 ところが、中国当局は、一部の暴徒化した出来事だけを報道し、自らの暴力的弾圧を全く報道させない、情報統制を行っている。
 既に多くの民衆の血が流れていることが報道されている。情報統制のため、真の実態は、明らかではないが、報道の何倍もの規模の血が流れている事は、間違いない。

 チベット亡命政府のダライ・ラマ氏(写真)は、中国の暴力的弾圧を強く抗議すると同時に、チベット民衆に暴力的行動を行わないように呼びかけている。

 中国政府は、早急に不当な暴力的弾圧を中止すべきである。 

2008年3月16日 (日)

姫踊子草

2008_03160015s  今日は、昨日の反省を踏まえて、午後に少し散歩をした。

 いつもの様に撮影を兼ねての散歩である。まだ、雪が田圃の中に少しずつ残っているが、風は、暖かさを感じた。

 しばらく歩いて田圃の土手に今年初めての姫踊子草を発見。群生しているのが普通だが、まだ早いので、一つだけだった。4月、5月には、空き地や田圃の土手に絨毯の様に密集して生えている。

 ピンクの花びらが綺麗で清々しい。

 名前の由来は、人形が立っているように見えるため。ヨーロッパ原産で明治時代に帰化したとのことだ。

2008年3月15日 (土)

良い天気 眠気が...

2008_03150001s  今日は、朝から良い天気でした。

 ちょっと霞がかかっているようだったが、遠くの山も良く見えた。

 にも、関わらず今日は、半日勤日、良い天気の時に仕事をするのは辛い。

 午後から体調維持のために散歩をする予定だったが、午前中の勤務で睡魔に襲われ、午後もその睡魔が続き寝てしまった。

 妻には、散歩するように言われたが、無視して寝てしまった。

 その上に、昼からビールを飲んでしまい、健康には全く良くない、一日だった。

【花見酒080305】【送料無料】サントリーゼロナマ 350ml×24

 明日も良い天気とのこと、しっかりと散歩しなければならない。

 

2008年3月14日 (金)

宙に浮いた年金記録

Nenkintecho  驚いた。名寄せ作業を行ったにもかかわらず、なお、宙に浮いたままの年金記録が2,025万件もあるという。

 確か参院選で安部首相が「今年度中に最後の一人まで明らかにする」と絶叫していた。選挙目当てに嘘をついたのか?

 ところが政府与党の態度は、「公約違反じゃない。名寄せを今年度中にやると公約したのだ」と開き直り。これは、明らかに確信犯だ。出来ないことが解っていながら、さも、完全に終わると国民に思わせるように言葉で誤魔化したのだ。

 これだけの数の年金を一体どうするつもりなのだ。
 厚生省は、手書き記録と照合する、インターネット上に公開する、住基ネットと照合する等々と言っているが、具体的な見通しは、何も明らかではない。どれだけ時間がかかるのか?
 このままでは、年金をもらえる権利のある人の多くが、もらえないまま放置されることになる。

 政府は、選挙目当ての誤魔化しではなく、今後の作業内容とその見通しを明確に示す責任がある。

2008年3月13日 (木)

「コハコベ」かな?

2008_03130001s  夕方、いつものように散歩を兼ねた撮影に出かけた。

 小さな白い花を見つけた。今年に入って、イヌノフグリ、蕗の花に続く三つ目の花だ。

 あまりに小さいので接写がうまくいかず少しピントが合っていない。

 たぶん、花の名前は、「コハコベ」だと思うが自信がない。もし、コハコベだとすると帰化したモノらしい。「本種は、旧大陸だ」とガイドブックに書いてあったが、「旧大陸」ってどこ?

2008年3月12日 (水)

日銀総裁人事

M42723  日銀の総裁人事でもめている。
 私は、そのぐらいの攻防があって決まるのが普通だと思う。それだけ大事な仕事なのだから当然だと思う。これまでの様に政府が提案した人事を丸呑みする方が不正常だったのだ。ねじれ国会の良い面だと思う。
 その上に、今回総裁として示された武藤氏は、その経歴(元財務相事務次官)からして問題が多い。独立性を堅持しなければならない日銀が財務省との癒着の疑念を払拭できない経歴だ。
 考え方にしても問題が多い。景気についての質問に対して武藤氏は、「景気は良くなっている」と答えたそうである。国民の実感とは大きな開きがある。大企業、大銀行、財務省の感覚と同じである。
 こんな人物が、独立性を維持し、国民のための金融政策を実行できるとは思えない。政府は、早急に新しい人事案を示すべきである。

通院

2008_03120001s  今日は、2週間ぶりの通院でした。
 診断書窓口で傷病手当の意見書を書いてもらう手続きをして、それから検診。

 3月から通常勤務をしていることをドクターに報告。
 ところが、ドクターには、「それは急ぎ過ぎ」と否定され、「最低後2ヶ月は、リハビリ的勤務を続けること」と釘を刺されてしまった。

 確かに今日までの勤務は、振り返ってみると疲労感が強い。どうしても、仕事を始めると期日を設定するためいつの間にか無理をしている状態になっている。
 自分でも反省し、明日からスピードを落としてゆっくり勤務に変更する予定である。

2008年3月11日 (火)

今日も気分は、沈んでいます

 昨日よりは、気分も良く、職場では、文章を作成し、それなりに仕事をした。

 その反動で、自宅へ帰ってきてからは、気分が沈んでいる。

 テレビから流れるニュースも気分の悪いモノばかり....

 校長の脅迫メール

 現職警察官の詐欺

 新銀行東京への400億円の出資(税金の無駄遣いだ!)

 日銀総裁の人事での混乱(財務省出身者の総裁は反対!)

 明日こそ気分の良い日でありますように....

 そう言えば、明日は、通院の日だ。通院も辛い。bearing

2008年3月10日 (月)

月曜病

 今日は、月曜病の症状が出ている。

 つまらない。やる気が起きない。

 ブログも書く気力がわかない。

 それなのに出勤しなければならない。仕事もしなければならない。 

 月曜日は辛い。

 明日は、火曜日、ちょっと気持ちを入れ替えて、やる気で出勤する予定。

2008年3月 9日 (日)

今日は一日ゴロゴロ

 今日は、結構晴れ間もあり、天気の良い日だったが、風が冷たそうだったモノで、居間の椅子でごろ寝を決め込み、テレビを見たり、新聞を読んだりの怠け者の一日だった。

名古屋国際マラソン(北京オリンピック選考会) 
Pn  高橋選手が走ると言うことで、宣伝もされ、前評判は高く、沿道にも、競技場にも多くの人が詰めかけていた。あまり、スポーツには、関心が高くない私も何となく見ることになった。
 解説を聞いていると選考会らしく、高橋選手だけでなくオリンピック経験者、優勝経験者が多数参加していた。でも、私に解るのは、高橋選手のみ。
 しかし、その高橋選手は、10キロへ行く前からスピードが落ち始めトップグループからあっという間に離されてしまった。高橋選手の走る姿が痛々しかった。
 他の有名選手も後半に脱落、初マラソンの無名選手(中村友梨香)が優勝した。女子マラソン界では、新旧交代が進んでいるらしい。

温暖化で蚊増殖、マラリア拡大
1012p  某新聞の一面トップにアフリカでのマラリアの拡大が報道されていた。
 温暖化の影響により、これまでマラリアが流行しなかった地域にも拡大しているのだそうだ。犠牲者の大半は、5歳以下の子どもらしい。
 自分自身の生活の中で発生されるCO2による温暖化がアフリカの子どもたちの命を奪っている現実。環境破壊が地球的規模で進んでいることを感じさせてくれる。
 しかし、現実の生活の中で個人的に出来ることは少ない。

2008年3月 8日 (土)

今年2度目のオオイヌノフグリ

2008_03080016s  今日も朝から良い天気。散歩を兼ねた撮影に出かけた。

 でも、意外と風が冷たい。短時間で散歩を終えて帰ってきた。

 その、短時間の散歩で、何カ所かに小さく群生したオオイヌフグリ発見した。既に一度は、2月22日に紹介したが、花の勢いと数は随分増えている。

 いち早く春を告げる草として有名だが、日本の在来種では無く、ヨーロッパ原産の帰化植物だそうである。

2008年3月 7日 (金)

蕗の花

2008_03070001s  自宅庭の日当たりの良い場所から蕗の花が芽を出し始めた。

 この写真の蕗は、花を咲かせる直前だ。あまり元気がない感じがする。天候が不安定で芽を出した上から雪が降る状態があったからだろう。

 それ以外にも土の中に「フキノトウ」として食べれそうなのものが潜んでいるようだ。注意深く時期を待ち掘り出して「蕗味噌」して食べ、早春の味を感じたいと思っている。

 やはり、飛騨の山奥にも確実に春は近づいている。

2008年3月 6日 (木)

ロイ・ブキャナン

 知人から4枚のロイ・ブキャナンのCDを借りた。初めて聞くCDだ。

 インターネット調べてみると「世界で最高の無名ギタリスト」という異名を持つブル―スロックギタリストであり、活動したのは、70年代。
 ロックがショービジネスになる事を硬く拒んだため「無名」と言われる事になったらしいが、多くのロックギタリスト自身もファンで、評価の高いギタリストだったらしい。

20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Roy Buchanan Music 20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Roy Buchanan

アーティスト:Roy Buchanan
販売元:Polydor
発売日:2002/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 今日は、上記のCDを 聞いた。
 シンプルで、ゆっくりと、時には激しく、ギターが歌っているような感じがした。そして、静かに、鋭く心にしみこんでくるように思えた。時々入るボーカリストの歌声も魅力的だった。
 今日聞いた中で特に気に入ったのは、「Sweet Dreams 」「Hey Joe 」の2曲だった。

 彼は、これまで、数々のアルバムを発表し、新しくアルバムを出す度、「ブルースという枠では収まらず、ファンクやソウル、カントリー的なサウンドになってきている。」言われているらしい。
 私には、この点は、一度聞いただけで深くは解らないが、一つのジャンルに収まりきれないモノは感じることが出来た。

 既に亡くなっていて、ライブが観れないのが残念だ。

2008年3月 5日 (水)

迷惑メール

 迷惑メールには、本当に困る。
 プロバイダーのサービスで迷惑メールの大半は、遮断できるが、それでも、毎日大量のメールが送られてくる。本当に必要なメールを探すのに苦労することもある。一々削除し、迷惑メールとして登録もするが、アドレスを変え、件名を変え送られてくる。それもほとんどが、出会い系とアダルト系である。もう、勘弁して欲しい。

 この迷惑メールへの法規制が強化されるとの事だ。
 現状では、業者が承諾や拒否の記録を残さなくていいことが、取り締まりときの障害になっているらしい。改正案では、「事前承諾無しに広告メールを送ること自体を違法にして、承諾の記録を保存するように業者へ義務づける」とのことだ。罰金もいまの100万円から3000万円に引き上げられとのことだ。

 この方法でどれだけ効果があるか疑問だが、オランダでは、規制と摘発の強化によって7分の1に減ったという。同じように日本でも摘発を強化すれば、減る可能性はあるが、海外発の迷惑メールも多く、この点が心配だ。また、業者もあの手この手の抜け道を探し、生き残るかも知れない。

 兎に角、少しでも迷惑メールが減れば、大助かりだ。警察は、法を改正しただけで終わらせずに頑張って欲しい。

 

2008年3月 4日 (火)

忙しかった

 転勤が決まった昨日から今日にかけて、何か気持ちの点で忙しく感じた。現在の職場の仕事をやりながら、転勤先の職場との打合せ等が入り、バタバタしていた。少し疲労感を感じた。

 まだ、一ヶ月先のことと思っていたが、1ヶ月に一回だけしか行われない事務処理などは、3月中に引き継ぎを行っておかないと4月から実施できない。24時間営業の福祉施設なので施設としての休みが無く動きながらの引き継ぎになる。

 以前も転勤したときも3月4月は、両職場の仕事を実務レベルでも関わることがあった。今回は、特に、経験の無い新しい事務処理を引き継ぐので、その時以上に苦労しそうだ。早めに引き継ぎをやり始め混乱の無いようにしたい。

 明日は、あわてないように引き継の内容と日程を決めよう。

2008年3月 3日 (月)

人事異動発表 転勤決定

2008_03030004s  今日は、職場の「人事発表」の日でした。
 首を切られるのを覚悟していましたが、何とか残れるようになりました。労働条件は、少し厳しくなりましたが、雇用が持続されただけでも「良し」しなければならない。
 長く使ってきた写真の机とパソコンともお別れである。

 配属は、本部事務局から出先の施設に異動し、通勤距離は、長くなるが、初めての職場で、新たな出会いや新しい仕事もあり、期待もある。
 しかし、早速、同僚から「体調大丈夫?」とメールが入った。確かに、私の体調からすると少々ハードな面もあるかも知れませんが、あわてず、マイペースでゆっくりやりたいと思います。

2008年3月 2日 (日)

図書館のパソコン 「ブログ禁止」?

Images  今日は、久しぶりに図書館へ行ってきました。パソコンを借りてブログを観ようとしてビックリ!!どうしてなのだろうか?図書館のパソコンは、ブログを全く観ることが出来ないように、セキュリティがかかっている。画面に観れない理由として「ブログ」と記してある。

 インターネットウエブは、圧倒的な勢いでブログが増加している。ブログだとの理由だけで閲覧出来ないというのは理解できない。
 ブログの全てが有害画像を提供している訳ではない。ブログが特にウイルスの危険があるわけでも無い。ブログであっても、その内容によってセキュリティをかけないと、多くの情報を見ることが出来ない事になってしまう。これでは図書館のパソコンとして役割を果たしていないことになる。

 皆さんの住む街の公的機関のパソコンのセキュリティの状態は、どうですか?

2008年3月 1日 (土)

予算、法案を強行採決

Syuu  与党の態度は、あまりにもかたくなすぎる。これまでの委員会での審議を無視し一切の見直しも修正もなしに強引に採決をする。許されない事だと思う。自民党、公明党に強く抗議をしたい。

 この間の国会論議で数々の問題点が明らかになり、予算そのものの修正もあってしかるべき点もあったと思う。

●国土交通省職員のためのカラオケセット、野球用具等への道路特定財源の流用。
●国交省OB天下り公益法人に対する随意契約での割高発注。
●道路整備計画の古いデーターでの作成。等々

 これらは、すべて予算案の前提になっているものである。与党は、「見直す」との答弁をしているのだから、何らかの修正があってしかるべきである。ところが、政府原案を全く変更せずに「十分に審議した」「時間を取った」との言い分で慎重審議訴える野党の反対に全く耳を貸さずに強行に採決してしまった。

 これでは、形だけの審議ではないか。何の為の国会か解らない。確かに与党は、衆議院で圧倒的多数を持っているが、だからといって、数だけで押し切るのは、民主主義の破壊である。
 その上に、直近の国政選挙で参院は、野党逆転状態である。野党の意見を予算や法案に反映させるのは、国民の意志である。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31