フォト
無料ブログはココログ

« 退院後の生活 | トップページ | 寒さが身にしみる »

2008年2月 9日 (土)

力士暴行死事件

Sumo_head_k

 近頃、新聞やテレビで盛んに放送されている。内容が明らかになるほどに、そのひどさに唖然とする。稽古とは、全く異質のものであることが明らかになってくる。食事を与えない、ビール瓶で殴る、金属バットで殴る、足のつま先で蹴る等々。

 更に問題なのは、他の部屋の元力士からも、同じような事実があることを明らかにされている。これまで角界で亡くなった他力士の死亡も疑問に感じる死因がいくつか見かける。

 閉鎖的な「相撲部屋」制度、暴力的な体質、親方への異常な権力の集中。角界全体を覆っている体質だ。

 今回の力士暴行死事件は、氷山の一角だと感じる。体質に迫る徹底した再発防止策が行われない限り、角界に未来はないと思う。

 

« 退院後の生活 | トップページ | 寒さが身にしみる »

コメント

若手力士の暴行死。何故、立件・逮捕に時間がかかってしまったのか。元親方らが加えた体罰が原因で死亡しているのは明白なのに…
問題のある国家機関は政治家だけではなさそうですね。

コミカルバナナさんへ

>何故、立件・逮捕に時間がかかってしまったのか?
 同感です。逮捕までの時間がかかりすぎです。解剖も家族の強い希望によるものだ。警察も変だ!

相撲界 → 角界

pomさんへ
>相撲界 → 角界
 その通りですね。直します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/10370527

この記事へのトラックバック一覧です: 力士暴行死事件:

« 退院後の生活 | トップページ | 寒さが身にしみる »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31