フォト
無料ブログはココログ

« 投票に行ってきた | トップページ | 体調不良 »

2007年7月30日 (月)

自公政権にNO

Tit_d1_sangiin2007  参院選挙は、予想を超える与党の大敗との結果になった。
 「民主の小沢と自民の安部のどちらを選択するのか?」と国民に訴えた安部首相の選挙中の言葉が本気なら、潔く退陣すべきである。
 ところが、「参院は政権選択の場ではない」「国民は、安部政権の基本政策まで否定したわけではない」等々の理由により引き続き続投すると発言している。この態度に自民党の議員でさえ「理解できない」と発言するほどである。
 国民は、明確に自公政権、安部首相にNOを宣告したのである。早急に退陣し、あらたな首相の下で衆議院選を行い、政権選択の場で審を問うべきであると思う。
 

« 投票に行ってきた | トップページ | 体調不良 »

コメント

俺もそのとおりだと思います。
安部氏には潔さというか、「ケジメ」というものが感じられません。
参院選で国民が自公連立に反対しているのがわかっているから、投票で惨敗したはずなのに…

コミカルバナナさんへ

 本当に困った安部さんですね。
 今日もテレビ放送で繰り返し、続投への疑問がコメントされていました。

これだけ多くから「退陣」を迫られているのに、首相の座にしがみつく安部さんの本意はどこにあるのでしょうか?
 強行採決を強行し続けたことと根っこはおなじではないでしょうか?
 この人には、国民の意思よりも自分のやりたいこと(例えば憲法9条の改定とか)をやることのほうが大切なのでしょうね。
 彼の行動にはファシズムを感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/7327414

この記事へのトラックバック一覧です: 自公政権にNO:

« 投票に行ってきた | トップページ | 体調不良 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31