フォト
無料ブログはココログ

« 内閣支持率過去最低 | トップページ | 梅の収穫 »

2007年6月 9日 (土)

コムスンの醜い福祉事業と政治の責任

Nagatacho_3s  コムスンの福祉事業が、内容的に詐欺的とも言える実態で運営されていることが明確に成ってきた。コムスンのズサンさわ、当初から指摘されていたが、福祉への市場原理の導入、他業種の参入等、政府、厚労省が積極的に推進してきたことである。
 厚労省が進めてきた安上がり福祉、市場原理の導入が必然的にもたらしたズサンさであり、厚労省自らが深く反省することが、この問題の本質だ。一事業者のズサンさに矮小化していけない。
 今、多くの元々からの福祉事業者でさえが、政府、厚労省の安上がり福祉、福祉切り捨ての中で、追い詰められている。コムスンの問題は、この事業者だけの問題に矮小化されてはいけない。
 福祉行政と政治の責任は重い。

« 内閣支持率過去最低 | トップページ | 梅の収穫 »

コメント

今回の件で一番不信感を抱く行動は、厚労省であるように思えます。

何故、今更コムスンに配慮するようなコメントを発表したのか?

法的限界があっても、強い姿勢は示すことはできるんじゃないでしょうか?。行動を糾弾するような発言や姿勢がみられない。厚労省のみならず、社会保険庁への対応も含めて、不信感が募ります。

akiさんへ
 厚労省の政策全体に疑問を感じ、その都度の対応にも多くの疑問を感じますね。
 私は、近頃では少しあきらめ気味です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/6717094

この記事へのトラックバック一覧です: コムスンの醜い福祉事業と政治の責任:

« 内閣支持率過去最低 | トップページ | 梅の収穫 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31