フォト
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月25日 (月)

今年初めてグミを食べる

2007_0625910004s 今年初めて「グミ」を食べる。かすかな渋みと酸味、甘味が口の中に広がった。結構大きなグミの木で沢山花が咲いたが、実を確認できたのは、10個程度、それも大半が、途中で腐った。
 これは、その中でも最後まで頑張って育ってくれた実だ。いつもの年に比較しても最高の出来だ。甘みもこれまでで最高だと思う。たった一粒だったが十分に満足。

 ところでグミは、ユーラシアから東南アジアにかけて50から70種ほどが現存し、E. trifloraだけがオーストラリアにまで分布している。E. commutata北アメリカ唯一の固有種である。日本にはナツグミE. multiflora)、アキグミ(E. umbellata)、ナワシログミE. pungens)、ツルグミ(E. glabra)など十数種があるとのことだ。しかし、我が家の庭にある種は、どの種なのかは全く分からない。

2007年6月22日 (金)

加川良のアルバム販売

End  久しぶりに加川良のアルバムが販売されます。早速、注文しました。今日、届きました。
 私は、ほとんどのCDは、購入しません。常にレンタルを中心にしています。でも、彼の新作は、レンタルになることも、一般の販売もしていません。ライブ会場か、通信販売でしか購入できません。
 心にしみいるような歌唱力とメロデーは、近頃、特に気に入っています。二度ライブに行きましたが、更にその良さは、際だちます。特に、小さなライブハウスで聞くライブは最高です。ギターとスチールギターの二人だけの演奏ですが、迫力があり、それでいて、静かに心にしみいっています。

2007_0622910001s

6/30子育て講演会

  講演テーマ
   子どもからの贈り物
--「お母さん」であることを楽しむために--

   講師:ひぐち みちこ氏(絵本作家)

 子どもと子育てに関わる昨今の現実は、心を暗くする出来事が多く報じられるようになっています。虐待をはじめ、親が子を子が親を手にかける事件も多く報じられます。「子育て」は難しい課題となってきているように思えます。
 でも、こんな時だからこそ....
 樋口さんは、「子どもが持って生まれた『その子らしさ』生かして成長していけるように、そして、お母さん自身も「あなたらしさ」を生かして子育てを楽しめるように...」と訴えます。
 樋口さんは、これまでも、県内外で沢山の講演をし、子育ての基本的な視点を明快に語り、親、保育士、教師、児童福祉関係者等多くの人々を励まし続けています。

●日 時:2007(平成19)年6月30日(土曜)
 午後1時半~午後3時

●場 所:山ゆり福祉会館 2階会議室  高山市山田町831-1
 TEL 0577-32-7441(飛騨慈光会 法人事務局)

主催 飛騨地方里親会

2007年6月21日 (木)

一日中通院(6月20日)

2007_0620910011s  昨日(6月20日)は、朝から一日中通院。
 肉体的にも精神的にもボロボロですから、医者を頼る以外に生きる方法無い。でも、大の医師や嫌い。

 特に、内科診療所は、何と8ヶ月目の通院。薬は、ずっと出してもらっていたが、これ以上通院しないと、医者のほうが、医師法違反で捕まってしまう。渋々、「血液検査だけ」との約束で出かけたが、「血液検査に終わらず、尿検査、レントゲン、心電図」と簡単にできる検査は、全て行われ、結果は、案の定最悪の状態、高血圧、糖尿病、腎臓病、高脂血漿、脳動脈硬化症、脂肪肝と生活習慣病のオンパレード。
 医者(30年来のつきあい)いわく、「このままでは、駄目になる。来月も来い、再検査だ!」 渋々、了承。逃げたい。

 午後は、心療内科の通院。相当長期の通院に成るが、季節、仕事の内容、人間関係で、調子は、波のように揺れ動く、自分なりに理屈では病気の全体像は把握しているつもりだが、自らの感情をコントール出来ない。

 生活習慣病と連動して、体調も、精神状態も「ガタガタ」成るときもある。でも気長に付き合っていくしかないと冷静なときは考えていいる。でも思い通り行かない。

2007年6月20日 (水)

内閣不支持51%、初めて5割大台

Sijiritu  某新聞の6月19日の報道によれば「安倍内閣の支持率は32%と、3週続けて30%台前半に低迷した。不支持は51%で、初めて5割の大台を超えた。」との事だ。
 同時に調査された年金記録の問題について「最後の一人に至るまでチェックし、年金はすべてお支払いする」とした首相発言について発言を「信用できる」は25%、「信用できない」が67%で、広がった不信をいっこうに解消できていない状況だ。
 「いま投票するとしたら」として聞いた参院選比例区の投票先は民主26%、自民23%、共産4%、公明3%、社民2%。2週続けて民主が自民を上回った。

 こんなに、国民の信を得ていない状態では、政治は、成り立たない。何らかなの形で選挙に正しく反映され、政治の動きが変わる国会の議席状態に成ることが必要だと思う。

2007年6月19日 (火)

硫黄島から手紙&父親達の星条旗

硫黄島からの手紙(期間限定)(DVD) ◆22%OFF! 硫黄島からの手紙(期間限定)(DVD) ◆22%OFF!
販売元:ぐるぐる王国 ヤフー店
ぐるぐる王国 ヤフー店で詳細を確認する
         

 二つの映画を観た。一つの戦いを二つの国民の目から見た珍しい映画だと思う。

父親たちの星条旗 (132分)限定版 2006年アメリカ/2007年発売 父親たちの星条旗 (132分)限定版 2006年アメリカ/2007年発売
販売元:メイトインジャパン
メイトインジャパンで詳細を確認する

         

 映画を通じて強く感じたことは、一人の人間として、戦うことの無意味さ、悲惨さ、悲しさだ。同時に、国家が作り上げる嘘の戦意高揚策、その中で翻弄され、大切な命を失っていく事への怒り。

 今、日本で着々と進む「戦争できる国」への動きとあわせて、しっかりと受け止めなければ成らない映画だと感じた。

2007年6月17日 (日)

ヘビイチゴ

 いつもは、自宅周辺だけでしか、撮影しないが、16日、17日とほんの少し、遠くまで、撮影ドライブ。少し、移動しただけで、随分、花の種類が変化し、ほとんど名前が不明なモノが多い。 2007_0617910087s(アルバム参照)

 ヘビイチゴは、その中でもよく知られている植物だが、沢山の実を一度に見たのは、今日が初めてだ。
 鮮やかな赤色で、綺麗だと思う。発見し、撮影するときは、少し興奮する。でも、子どもの頃から、その名前の印象から毒があると信じていた。今、調べてみると「毒」は、無く食べることができるそうである。しかし、美味しくないらしい。一度、挑戦してみよう。

 名前の由来は、「蛇が食べる」との説とイチゴを食べに来る小動物を蛇が食べるという説もあり、定かではない。

2007年6月12日 (火)

梅酒 瓶詰めに挑戦

2007_0612910021s  さあ、瓶詰めに挑戦。水分とゴミを丁寧に落として瓶に入れ、氷砂糖とホワイトリカーを注ぎ込んだ。
 家族には、「そんな事をするなんて初めて見た」と不思議な眼で見られながらも、地道に作業を続け、遂に瓶詰め完了。
 飲めるように成るには、3ヶ月、本当に美味しく、色づくのは、1年との事だが、3ヶ月目(8月12日)には試飲予定。楽しみである。

2007年6月11日 (月)

梅の収穫

2007_0611510005  今日は、梅酒を造るための第一段階として、庭の梅を収穫した。少々、小ぶりだか何とかなるだろう、何個ぐらい摘んだか検討がつかないが、重さは、約1キロ程度だ。
 次の段階として、ゴミ等を取り、水洗いし、水分を丁寧に拭き取らなければ成らないそうだ。物ぐさの私にとっては、最大の難関だ。明日挑戦だ!

2007年6月 9日 (土)

コムスンの醜い福祉事業と政治の責任

Nagatacho_3s  コムスンの福祉事業が、内容的に詐欺的とも言える実態で運営されていることが明確に成ってきた。コムスンのズサンさわ、当初から指摘されていたが、福祉への市場原理の導入、他業種の参入等、政府、厚労省が積極的に推進してきたことである。
 厚労省が進めてきた安上がり福祉、市場原理の導入が必然的にもたらしたズサンさであり、厚労省自らが深く反省することが、この問題の本質だ。一事業者のズサンさに矮小化していけない。
 今、多くの元々からの福祉事業者でさえが、政府、厚労省の安上がり福祉、福祉切り捨ての中で、追い詰められている。コムスンの問題は、この事業者だけの問題に矮小化されてはいけない。
 福祉行政と政治の責任は重い。

2007年6月 4日 (月)

内閣支持率過去最低

Siji

 某新聞の世論調査によれば、安部内閣の支持率が最低(30%)、不支持は、最高の49%に成ったとの事である。
 年金問題、林野庁談合、農相自殺等々、これだけ不祥事が相次げば、当然とも言えるが、これまでと同じで「のど元過ぎれば熱さ忘れる」で自民、公明政権は、やはり続くのだろうか?
 7月の参議院選挙での与党過半数割れが話題になっているが、さて、どうなるだろうか。自民党お得意の業界、地域への利益誘導で不祥事と関係無く、当選してくるのだろうか。
 政治好き、選挙好きの私としては、楽しもうと思うのだが、こうも、腐敗しきった政治の状況では、少し、嫌悪感も芽生えてきている。

2007年6月 2日 (土)

梅酒に挑戦計画中

2007_0601910020s  自宅庭の梅の木に沢山の実が成っている。
 
chizuruさんのプログで梅酒のつくり方は、思ったよりも簡単だった。」として、作り方が紹介されている。
 わたしも、自宅の梅の実を摘んで、梅酒に挑戦してみようと計画中である。
 完成して美味しかったら、みんなで飲もう!!

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31