フォト
無料ブログはココログ

« 外出 職場の法人事務所へ | トップページ | 曇りの毎日 »

2006年10月 4日 (水)

ミリオンダラー・ベイビー

オリジナル・サウンドトラック「ミリオンダラー・ベイビー」

  久しぶりにと思ってボクシングのDVDを手に持った。内容などほとんど考えなかった。女性ボクサーが珍しかったかも知れない。
 最初の展開は、いつものトレーラーとボクサーの共同の出世物語。
 しかし、思いもよらぬ悲劇が彼女を襲った。
  解説等では「単なる女性ボクサーの物語ではない。...絆の物語」と述べ、更に「 イーストウッド監督はボクサーとトレーナーの関係を崇高な愛の物語にまで高めていく。ひとりの女性ボクサーの人生が、死生観まで考えさせる映画になったのは、イーストウッドの監督としての志の高さだろう。」とまで述べている。
 確かに、愛、絆、生命等々、丁寧に映像化されており、ひとつ、一つ演技に強く引きつけられた。しかし、残念ながら「障害」持ちながらも生き続ける大切さを描くことを拒否し、「安楽死」を選択てしまってた事には強い抵抗を感じた。

« 外出 職場の法人事務所へ | トップページ | 曇りの毎日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31