フォト
無料ブログはココログ

« ひどい! 前知事記者会見 | トップページ | 久しぶりに 外出 »

2006年9月10日 (日)

自立支援法への軽減対策 極めて不安定

 自立支援法の利用者負担に対する軽減策を飛騨地域の自治体でそれぞれ検討中との報道がされた。
 しかし、残念ながらその内容は極めて不明確です。報道から推測するところによると「在宅障害者に限り一割負担分の一部を軽減する」(種別によっては、全額)というもののようである。それも、当面は、高い率で軽減し、その後は、減らされるとの事だ。
 利用者の負担は、1割負担は、当然のことながら、実態は、食費、日用品等 それ以上に負担は大きくなっている。それらに関しては、検討の課題にも入っていないようである。
 また、入所利用者に関しては、全く対象外となっており、実態としては、重度障害者ほど切り捨てられる事になっている。

 更に、日額制度への移行による福祉施設の大幅収入減少には、全く対応する予定は、無いようであり、福祉サービス提供体制は、極めて不安定な状況である。

« ひどい! 前知事記者会見 | トップページ | 久しぶりに 外出 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31