フォト
無料ブログはココログ

« 博士の愛した数式 | トップページ | 裏金は4億6千万以上!! »

2006年8月 1日 (火)

「福祉サービスの第三者評価」の効果?

 福祉基礎構造改革の進行の中で、福祉事業者に対する「第三者評価」が義務づけられる。正しい方向で評価が行われるのであれば利用者への福祉の前進につながることはあり得る。しかし、現実は、表面的な「市場原理」の導入の中で曖昧で非現実的な評価が当分続きそうだ。

 AKIさんは自らのブログで、この第三者評価の項目に対して以下のように述べている。

>全部パーフェクトに達成できる事業所にはマニュアルだらけの本棚と壁は掲示物だらけだろうな、と思ってしまう。
(「AKIの日々雑感 福祉サービスの第三者評価」より引用)リンク

 同感だ。私も幾つかの案の段階の評価表を目を通したが、マニュアル本や看板、張り紙、パネルをどれだけ作成し掲示してあるだけが評価の主な内容になってしまっている。

 福祉の内容が利用者の立場で評価され、市場原理の中で選択に役立つ内容になるとは考えにくい。そもそも、選択する施設、サービスが少なく、内容も貧困で選択の余地がないのが現実だ。

« 博士の愛した数式 | トップページ | 裏金は4億6千万以上!! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31