フォト
無料ブログはココログ

« 自宅ディスプレイ交換 | トップページ | 米国産牛肉輸入再開?? »

2006年7月26日 (水)

岐阜県庁裏金問題、うやむやに?

 どうも、裏金問題の雲行きがおかしい。県が発表した「岐阜県職員組合のプール資金問題に関する調査について」は、「何も判らない、調べようがない」と云っているようなものだ。

 寺町氏も下記のように指摘している。

 期待していいのか、期待できないのか、県民は横に置かれているみたい。7月5日の最初の報道、それに対する県執行部の反応、ずっと思い出してみると、徐々にトーンダウンしていると感じるのは私だけだろうか(「てらまち・ねっと:議会・政治」より引用)リンク

 私も同感だ。「証拠がない。聞き取りだけ」こんな事では、何も明らかにならない。組織的に証拠の隠滅を日々行っているとしか思えない。もう自浄能力も無くなってしまったのだろうか?

 人間も組織も誤りは犯すことがある。失敗もする。魔も差すこともある。しかし、その誤りに気づいたとき、真相究明のために全ての情報を明らかにし、社会的審判を受けることによって、組織としても、一人の人間としても、心を取り戻し、新たな出発が出来る可能性が生まれるのだと思う。

 今回の裏金問題をめぐる経過は、本当に残念な事だが、全く逆の醜い「解決」の方向へ向かっている。これが県庁の現実だ。県民の一人として本当に恥ずかしい。

« 自宅ディスプレイ交換 | トップページ | 米国産牛肉輸入再開?? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31