フォト
無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月29日 (木)

厚生労働省の冷たい態度

2006620111  今回の自立支援法は、4月の施行から、多くの弱点が明らかになっている。
 6.6緊急集会でも主要な要求項目になっている「区分」の矛盾もそのひとつである。更に、応益、食費負担は、施設の利用を止める障害者をも生みだし、各自治体が独自に対応することなしに運用が出来ない法律であることが明らかになっている。
 主催団体は、アピール文を発表し、「障害程度区分を抜本的に見直されたい」「居宅サービスに経過措置」「所得保障の確立」をと強く改善を求めた。

 特に障害者程度区分については、「知的障害者への支援サービスが充分確保できるよう、新たな障害程度区分を抜本的に見直されたい」と根本的な見直しを求めた。

 しかし、6/26に開催された障害保健福祉関係課長会議は、障害者の要求も全く無視し、「知的障害者施設の嘱託医など知的障害にかかわりのある医師に協力医をお願いするなど適切な対応をすること」程度の対応でごまかそうとしている。

>最近ちまたで、「自立支援法はすでに始まっているのに、今更反対しても遅すぎる」とか、「決まったことは仕方がない。これからどうしていくかを考えるべき」という声が大きくなってきているように感じます。このまま、反対の声も小さくなっていって、最後には、日本中が「仕方がない」と受け入れることになるのでしょうか。法人事務局長のブログ「障害福祉はお金がかかる」それでいいではないか。 より引用- livedoor Blog(ブログ)リンク

 ご指摘の通りの状況が徐々に進んでいるのは事実だと思う。厚生労働省の行動や言動は、まさにこうした反対の声を無視し、あきらめさせ当事者間に分裂を生み出させ、強引に無謀な法律を押しつけようとするものだ!

 でも、決してあきらめずに少数派になったとしても反対の取り組みを続けたいと思う。お互いがんばりましょう。

2006年6月26日 (月)

子どもによる放火 --親子の心のすれ違い--

 親子の心のすれ違いは、それほど珍しいことではない。しかし、この間の放火や殺人に結びつく事件は、何か大きな違和感と共通性を感じる。

>親は子を育て、子は親を育てる。
>世の中、全てお互い様なのですね。
>親が偉いとか上だとか言う前に、まずお互いの存在に感謝し相手を思い遣るところから、全ての良き関係は始まると思います。
>この相手を思い遣る心、今の社会に欠けていますね。
>いろんな事件の根底にはそんな事が影響している気がします
。(優しい光 「親と子の関係―奈良の放火殺人に思う」より引用)リンク

 この指摘には全面的に賛成だが、今後の方向性は見えてこない。児童福祉に若干関わっている中で、親子のすれ違いや争い、激しい罵り合い観てきたが、それが、放火という殺人に直接つながる行動に走ることはほとんどない。

 また、奈良の少年のその後の行動は、サッカーを観るために住宅に上がり込んだり、発見されて簡単に逃げたり等、凶悪な事件を起こした少年の行動とは結びつかない。

 これまでの私たちの経験や分析では 何かが、噛み合わなくなってしまっていることは感じる。その内容がボンヤリとしていて手の打ちようのない不安感を覚える。

不安定

 通院後、不安定な状態が続いている。

 理由は、判らないが、外に出すぎたり、引きこもり状態を繰り返している。一日の内でもちょっとしたことで気分が変わってしまう。

 今日は、完全に引きこもり状態。

2006年6月23日 (金)

通院日

 Dscf0024 現在は、1ヶ月に一回のテンポで通院している。

 通院は、30年続いている。その間に3回以上は、入院している。病院のシステムも雰囲気も大きく変わってしまった。善し悪しは別にして現在は、電子カルテを中心に合理的になったと思う。

 自分自身も受診する科も大きく変化した。しかし、自分自身の生活を見直し、ドクターの助言に基づき社会生活可能な自分を保つために大切な場所であることには変わらない。

 これからも、長期の通院が必要だと思うが、気長にあきらめずに治療を受けていきたい。

2006年6月22日 (木)

ALWAYS 三丁目の夕日

 久しぶりに笑って涙ぐんだ映画だった。

 テレビが家に来た場面などは、子どもの頃経験した内容そのものだった。笑える。

 家族でない人間関係が、家族としての質を持って豊かさを益していくところは泣けるところだ。しかし、この、時代だから出来たと云う、懐かしい映画で終わらせたくない。

 ALWAYS 三丁目の夕日 通常版

 家族崩壊の事件が毎日のように報道される現代の中で、そのことを正面から受け止めて考える材料にしたいと思わせる映画だ。

2006年6月21日 (水)

ヒロシマ 

Dscf1265  どうしても一度は行っておきたかった場所である。人間の愚かさ、戦争の悲惨さ、武器による抑止力の無意味さを、確かめたかった。数年前、それをやっと実現することが出来た。

 同時に、その事実を真正面から受け止める多くの人達と一緒にその場所でその時間を過ごしたかった。様々な思想信条の人達が集まっていたが、そこに争いはなかった。共に原爆ドームの前で、ノーモアーヒロシマ誓い合う事に僅かな期待を込めることがてきた。

>姫が生まれたときから、彼女と行きたいところがある。それは広島の原爆資料館。「絵を描く毎日・つくる日々  ちむぐりさ」より引用リンク

  今年も、その夏が再びやってくる。是非是非出かけてください。

 しかし、抑止論による核兵器も含む軍備拡張と戦争は、軍縮どころか、危険性さえ増している。だからこそ、是非出かけてください。

 私も、今年もヒロシマに行きたい気持ちも十分にあるが、体力と金がない。自宅で強く、ノーモアヒロシマ・ナガサキを誓いたい。

2006年6月19日 (月)

専門里親通信教育開始

 色々な出会いから里親になり、一人の子どもと6年間暮らした。現在は、成人し、家を出ているが、様々な理由を付けては、スネをかじりに来る。スネは、細るばかりである。

 その経験からもう一度里親に挑戦してみようと考えている。今度は、学習し、資格をとり、虐待を受けた子どもを中心に取り組みたいと考えている。

 そのための通信教育が7月から始まる。既にテキストが届き読み始めたが、歳には勝てない、中々読むだけでも難しい、でも地道にやる決意である。

保育士養成講座 (第2巻)

2006年6月18日 (日)

赤いバラ

 今年も自宅庭に赤いバラが咲いた。全く手入れはしていない。

 でも、毎年それなりの綺麗さで咲いてくれる。何か強ささえ感じる。

Dscf8352

2006年6月15日 (木)

「サッカーファンの嘆き」 「サッカー嫌いの嘆き」

 日本のワールドカップにおけるオーストラリアへの敗退には、毎日のようにサッカーファンの嘆きを聞かされている。これまで、何年にも渡ってここまで来たワールドカップ出場の経過も不可思議であるが、1次リーグから決勝トーナメントへの仕組みを不可思議である。どちらにしても、オーストラリア戦での敗退は、決勝トーナメントの出場が絶望的な確率になっているらしい。

 しかし、こうした試合のすすめかたも不可思議だが、ルールーも不可思議だ、特に「オフサイド」などは、全く理解できない。どうして、こんなルールが必要なのか?サッカーを理解できない大きな理由の一つだ。

 さらに理解できないのが応援の仕方やサポーター、フーリガンといわれる「ファン」の存在だ。今日もドイツとポーランドのサポーターが激しくぶっかりあいけが人もで300人が逮捕されたニュースが報道されていた。

 サッカー嫌いの私の嘆きもしばらく続きそうだ!

 

調子に乗りすぎ?

 今日は、少し息切れが始まり、朝は、9時の打ち合わせギリギリに出勤。仕事の内容も忘れていて、ブログを観ていた同僚から指摘される状態。

 しかし、仕事は、思ったより順調、ホームページ作りが基本形が完成、後は、単純作業のみ。その調子に乗ってつい、以前責任を持つ立場にあった会議にも参加。少々疲れる

 同僚には、「大丈夫ですか?」心配されるやら、あきれられるやら...反省!

 

プリズンブレイク

データーベースによれば「タイムリミットは30日。大統領の家族殺しの罪で逮捕され死刑判決を受けた兄を救うために、すべてを捨てて脱出計画を実行する男の姿を描いたTVドラマ。」とのこと...

 昔から在るいわゆる「脱獄」ものだが、大きな陰謀の存在とひとつひとつの刑務所内における駆け引きが画面に釘付きにさせられる。

プリズン・ブレイク vol.1

 現在、一番はまっているDVDだ!

2006年6月14日 (水)

元気?に出勤

 今日も比較的元気に出勤、貯めていた決済印を沢山押した。単純に押すわけにも行かないので結構疲れる。でも、ほぼ、予定通り仕事は、出来る。

 しかし、新しく来たソフトが思い通りではなく、情報公開のための処理が予定通りできずこちらは、がっくり。自宅でも再度試してみたがやはり駄目。

2006年6月13日 (火)

朝から元気?

 今日は、何となく元気良く家を出て職場へ、そのまま朝からの会議へ参加。つい発言してしまい、少し消耗気味。

 でも、午後からも勤務は、可能なようだ。実務を中心に仕事を片付けて元気に?帰ろうう(目標)。

2006年6月12日 (月)

絵を描くこと 楽しかったはずなのに

 「絵を描きたい」と考えることが多くなった。内面的な要求からものを作るひとつの方法として子どもの頃は、一番好きだったような気がするからだ。しかし、行動に移す気持ちには中々なれない。そんなとき、この下記のブログの書き込みを観て少しびっくりした。

>実は、私はずっと長い間、絵が描けませんでした。子供のころは、とても大好きだったのに、...(絵を描く毎日・つくる日々  夜眠る前より引用)リンク

 同じです。よく考えると私も他人の目を気にするようになってから描けなくなくなりました。描かない理由をいつも「私は絵心がないから」と言い訳している。この状況を打ち破るのはまだずいぶんかかるような気がする。

>娘がやっとクレヨンを持てるようになった頃、彼女はぐいぐいと絵を描いていきました。
それは、全く誰のためでもない、自分のためだけの絵だったのです。それから私は絵を描けるようになりました。(
絵を描く毎日・つくる日々  夜眠る前より引用)リンク)

 これには、更にびっくり、こんな素直な気持ちに私もなりたい。つい現在は、その代わりとして写真に逃げているような気がしている。でも、絵を描けない素直さのない状況では、「綺麗に見栄え良く撮ろう」という気持ちが先走り、観光パンフみたいな写真になってしまう。貴方の様な気持ちになれることを願っています。

 これからも、よろしくお願いいたします。

空が重い 気も重い

 昼頃、ちょっと散歩に出たが、やはり空は重い。

 こんな状態が土曜日から続いているような気がする。同じくらい気分も晴れない。

 撮影をしても山も空も雲も花も木も草もピントずれ、手ぶれの連続。Dscf8302

引きこもり

 今日は、先週から続いている不登校症状が更に悪化。完全引きこもり状態に移行しているようだ。家を出ること、人に出会うことが苦痛になっている。

2006年6月10日 (土)

久しぶりの休み 気分が悪い

 とにかく面白くない日だ!何をやっても面白くない。

 写真を撮るが、どんより曇った日の風景は、気に入らない、。気分が悪い。

 新聞を読んでも殺人、テロ、戦争の話題ばかり、気分が悪い。

 テレビを観てもスポーツの話題ばかり、特にワールドカップが始まり、サッカーの特別番組が多い、気分が悪い。

 

2006年6月 6日 (火)

6月6日東京日比谷緊急集会

 そこで、みんなでカンパを集めて、うちの法人からも何人か職員を派遣できればと思っています。(「6月6日に東京日比谷で緊急集会」より引用)リンク

 私の所属する福祉法人でもこの集会に保護者も含めて40名余で本日朝出発しました。この不当な法律、不当な障害者区分を何としても撤回させましょう。

 お互い頑張りましょう。

 東京の会場から画像が届きました。会場は、満員で盛り上がっているようです。

 別会場もあわせて5千5百人と発表されたそうです。

66sankasya

2006年6月 5日 (月)

月曜病?

 今日は、「月曜病」だ。とにかく、家を出たくない。土日ゆっくり休んだはずなのに不思議だ。完全に不登校状態だ

 何とか無理やり職場へ。朝の打ち合わせで仕事の内容を決めて事務処理開始。予定通り仕事はやり切れたものの不登校状態は、より悪化。明日が心配だ。

2006年6月 4日 (日)

境界例への「巻き込まれ」

>主治医は「境界性人格障害による一時期的な精神病症状」と診断された。「薬漬けにしたくないので、薬は増やしません。あなたも巻き込まれないようにしてください」と言われる。ひとりごとへリンク

 ドクターは、相変わらずですね。たしかに、テキスト的には、間違いのないアドバイスである。

 しかし、実際に境界例の人とつきあい、暮らし、求められ、苦しみを目の当たりにしている場合は、全く違ってくる。こんなアドバイスでは、どうしようも無い。

 「まきこまれ」た場合には、貴方の責任と云わんばかりの無意味な助言だ。

 現実的には、今の距離感が理想的だと思う。今回の事も原因は、はっきりしている。短期的に苦しみを乗り切るために薬漬けの時期も在っても良いと思うのだが...

2006年6月 1日 (木)

こころの不思議

  近頃、私のブログで話題になっている「境界に生きた心子」は、まさに心の不思議を考えさせられる内容です。

>心って不思議だ。コントロールできそうでできない。
意思の力でとか気持ちを切り替えてごらんなさい・・・なんて簡単にいうけど。
病は気からって言葉もあったっけ。
心の持ちようで何とかなるなんてそういう言葉自体聞きたくない。
読みたくない。(ヘブンリーブルー「気分が落ち込んだとき」より引用)リンク

 同感!同感!
 でも、落ち込んでいるときに限ってこんなこと助言する知人や書籍等、意外と多いのですよね。知人に悪気は無いことは、良くわかっており嫌悪感を感じることはありません。
 でも、やはり、小さくとも事実の変化、書籍であってもリアリティのある内容が気持ちをコントロールするエネルギーになると感じています。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31